amazon1位『家づくりの教科書』をLINE登録でプレゼント!

【間取り相談】と【間取り診断】の違い

初めまして!一級建築士で家づくりコンサルタントの船渡亮(ふなとあきら)です。

家づくりのコンサルティングには、「間取り診断」と「間取り相談」があります。

今回は、その違いについて、解説します。

間取り相談と間取り診断の違い

一般的に「間取り相談」は、「間取りの悩みを整理し解決する」ことを中心に行います。プロに悩みを相談し解決できるのですから、安心できますよね。

ただ私の場合は、一般的な「間取り相談」だけではなく、「間取り診断」も同時に行います。「間取り相談」と「間取り診断」の何が違うのか?というと、、、

 

■間取り相談:間取りの悩みを整理し、解決案を提示する

■間取り診断:施主が気づいていない問題点を発見し、改善案を提示する

どちらが良いということではないですが、施主は家づくりの初心者で、30年から50年住む可能性があることを考えると、精密検査をすることは重要だと私は考えています。

間取り検討時に楽しかったとしても、住んでから
(又は入居5~30年後に)

「こんなはずでは、、、」

となっては悲しいですからね。

また、そもそもですが、施主が気づいている悩みを解決するのは、それほど難しい話ではありません。経験があれば、資格がない間取り好きな住宅営業担当者でもできます。

施主が気づかない問題とは?

ところで、

「施主が気づいていない問題点」

とは、どんなことでしょうか?

私が間取り相談・診断していて、よくある問題点はこんな感じです。

【性能や近隣環境の問題】

・冬季の日当たりが悪い
▶近隣状況や断面による検討をしてない

・将来の環境変化を考えていない
▶隣地の空き地に家が建つ可能性など

・LDKの眺望が悪い
▶視線の抜けを意識していない

・構造的に重大な欠陥がある
▶直下率が極端に低い

・断熱性能が低く、快適ではない
▶吹抜けがあるのに、アルミサッシなど

 

【間取りや動線の問題】

・帰宅動線に無駄が多い
▶シューズクロークが使いにくい

・洗濯に時間がかかる
▶畳む・しまう動線がイマイチ

・収納計画のバランスが悪い
▶適材適所の収納がない

・育児しにくい
▶家事しながら面倒をみれない

・夫婦の夜の営みが難しい
▶主寝室のプライバシーがない

・もっと良い間取りになる可能性がある
改善案がたたき台のブラッシュアップでしかない

一見、とても素敵な間取りに見えても、日当たりが悪く、地震で倒壊してしまっては意味がありません。熊本地震では耐震等級2の住宅が全倒壊しましたので、等級をとれば良いということでもないのです。

まずは間取りの精密検査(間取り診断)を行い、問題点を明確にします。

その上で、施主自身の悩みも解決(間取り相談)しつつ、全ての問題を両立させる改善提案を行う、というのが理想的なコンサルティングだと思います。

間取り相談の注意点

 

間取り相談は、一般に「時間制」である場合が多いです。

2時間8万円

というような感じで時間を区切って、相談する感じですね。

実際に対面(または電話やZOOM)で話せる安心感はありますが、話す内容をまとめておかないと、2時間なんてあっと言う間に終わってしまいます。

優先順位をまとめて、事前に伝えておいた方が良いでしょう。

また、2時間程度ですと、建築士側が「大きな問題」を発見したとしても、それを伝えるのを躊躇してしまう可能性もあります。

例えば、私が診断したこちらの間取りは、太陽光がほとんど入らないのですが、たとえ建築士がそれに気づいても、

「これ、無茶苦茶日当たり悪いですが、大丈夫ですか?」

と指摘することはないと思います。

なぜなら、

「日当たり」

といった大きな(そして根本的な)問題を指摘してしまっては、2時間では終わらないし、施主の満足度も下がってしまいますからね。

とは言いにくいので、見なかったことにする、というのが、ほとんどだと思います。

間取り相談全般に言えることではありますが、

「施主が気づかない根本的な問題」

は指摘しないし、解決もしないスタンスになりがちです。大手ハウスメーカーで構造も安心で、南に奥行き10mの庭があるような計画なら良いかと思います。

エビデンスがない間取り診断には注意

間取り診断で気を付けるべきなのが、

「診断の根拠を示さない」

というものです。

例えば、「日当たりが悪い」という診断結果だとして、

・どの程度、日当たりが悪いのか?
・そもそも「日当たりが良い」の定義は?

があやふやだと、診断内容に意味がありません。

私の場合、「日当たりが良い」は、

「冬至でも太陽光がリビングに入ること」

と定義しており、施主にもそのように説明しています。

先ほどの間取りでは、こんな感じで断面検討した結果、「日当たりが悪い」という診断結果になりました。

構造や防水など性能に関することも全て、エビデンスを示した上で、診断結果を伝えます。

動線や収納等、間取りについても同じです。

動線は実際の動きを「間取りで暮らす」という手法を用いて解説します。この場合、今の住まいと比較して、「使いやすさ」がわかるようにします。

逆に、家事や育児は、経験重視での診断の方が説得力があります。

私は男性ですが、共働きということもあり、20年間洗濯と掃除は全て一人で行っていますし、おむつ交換も得意でした(笑)息子や20歳、娘は15歳ですが、今でも毎日30分くらいは会話しますし、比較的家族関係は良好です。

お子さんが小さいご夫婦に対しては、経験も踏まえて、間取りと育児・家事の関係について話をさせて頂きます。

「最適な提案」を約束するものを選ぼう

「間取り相談」「間取り診断」、どちらも、イチから間取りを作ってくれるわけではありません。住宅会社が作った間取りがあって、それを「間取り相談」「間取り診断」する、というサービスになります。

そのため、どうしても

「診断した間取りのブラッシュアップ」

となることが多いです。

実際、サービス内容を確認すると、「玄関や階段は変えない範囲での改善提案をします」といった注釈がついていたりしますね。

ただ、私自身はこのような

「注釈付き改善提案」

って施主にとって良いことなのかな?と思います。

だって、玄関や階段を動かすことで、最適な案になるのだったら、その方が良いですよね?
計画段階なら、いくらだって変更することができるわけですし。

何しろ施主にとっては、30年から50年くらいは暮らす家です。建築士が労力を惜しむべきではないと思います。

最適な案にしたいなら、労力を惜しまず「最適な改善提案」をしてくれるサービスを選ぶと良いですね。

施主にとって価値のあるコンサルティングとは

ここまで、かなりハードルを上げてきましたが(笑)、最後に私が行っているコンサルティング・サービスを紹介させてください。

私が代表取締役を務める「株式会社かえるけんちく」では、プレミアム動画間取り診断PROというトータルコンサルティングサービスを提供しています。

プレミアム動画間取り診断PROでは、

1回目 敷地診断
2回目 間取り診断
3回目 最終診断
4回目 照明コンセント診断
5回目 CGパース作成

と家づくりの流れに合わせて、土地探し・会社選びの段階から施主をサポートさせて頂きます。詳しくは、こちらで紹介しています。

プレミアム動画間取り診断PRO

では!

■関連記事

【間取り診断】が必要な7つの理由を一級建築士が解説!

間取り改善事例を紹介!|一級建築士が解説!

配置と断面で考える日当たりシミュレーション方法|一級建築士が解説!

【注文住宅】でオススメな間取り|建築士が6つの事例紹介!

【注文住宅の間取り】で後悔する13のポイント|建築士が解説!

【間取り相談】のメリット・デメリットと選び方|一級建築士が解説

家づくり初心者の応援企画を始めました!

最後に家づくり初心者の皆さんへの応援企画のお知らせです。

当ブログでは、読者の皆さんに「確実に家づくりに成功して頂きたい!」そんな思いからバランスよく知識や知恵を身に着けて頂ける教材をプレゼンしています。

LINE友達登録でもらえます。
しっかり学んで、充実した家づくりにしてくださいね。

特典1『ハウスメーカーが教えない!30年後も後悔しない注文住宅の作り方』(全7章の動画講座、PDFスライド)

1000人以上の間取り診断・家づくりサポートした著者が、注文住宅を建てる施主が必ず知っておくべきだと思わる知識を7章の動画講座にまとめました。

■間違うとかなりヤバイ請負契約で後悔しない7STEP
■イマイチな間取りから複数の改善案を作り間取りを比較検討する方法
■お金をかけずに外観・通風・日当たり・断熱・防犯を最適化する【窓計画改善】セミナー

といった実践的な内容です。

参加された方からは、

「注文住宅を検討するにあたり、その基礎となる考え方、注意すべきところをよく理解できました。無料で学べるのがもったいないくらいです」
「知っていると知らないとでは家づくりが全然違うものになってくると確信した。」
「順番に見て家づくりの不安がだいぶ解消されました」

といった感想を頂いております。

特典2『特別編集版 家づくりの教科書』(非売品の電子書籍)

アマゾン1位を獲得した『注文住宅の8つの難題』『はじめて家を建てる!』『間取りで暮らす技術1』の重要な部分をピックアップして、再編集した非売品の電子書籍をプレゼントします。

特典1の動画講座でカバーしきれてない内容を補足していますので、是非、読んでみてくださいね。

特典3『家づくりに役立つ公式LINE』に招待!

登録していただく公式LINEには、5種類のタブ付きリッチメニューを採用しています。動画講座や家づくり本、家づくりの流れなどのコンテンツに素早くアクセスすることが出来ます。

LINEに家づくりの情報を集約していますので、是非、ご活用くださいね。

次のURLをクリックして、友達追加後にプレゼントが自動で送信されます。

 

 

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター