amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

狭すぎなウォークインクローゼットの間取り例~間取り相談事例に学ぶ家づくり⑤~

9月29日にリリースした『間取りで暮らす技術1』では、いくつか間取り診断事例を取り上げています。
その中で、「へんてこな間取り」として、紹介したのがこちらのK邸です。

1階平面図

2階平面図

 

1階は比較的まとまっているものの、2階の間取りが壊滅的。

施主のKさんもそれは承知されていたので、2階はガッツリと変更したのですが、、、(後で改善案は紹介)

しかし、、、なぜ、このような間取りが生まれてしまうのか?
これは、設計の方の能力の問題ではなくて、取り組み方の問題です。

最初に、「たたき台」としての間取りが提案されます。
この『たたき台』は、ヒアリングを元に作る場合もありますし、ヒアリング前に作ってある場合もあります。

これを施主要望により変更していくのですが、建築会社としてはなるべく労力をかけたくありません。

『たたき台のプラン』 ⇒『ちょっと修正したプラン』⇒『さらにちょっと修正』

という感じで、最小限の労力で、部分的に修正してく感じなんですね。
施主も素人ですから、『要望は言う』けれども、どのように全体を直すかまでは指示できません。

料理の味付けと同じです。
ウエイトレスから「カレー」をオーダー受けた料理人が、上記のような一般的なカレーを作ってみたら、実は客が食べたいのは「タイカレー」だった。


だから、調味料とかを加えたりしてなんとか味付けを修正しようとする。
でも、これではいつまでたっても、「タイカレー」にはなりません。

「タイカレー」なら、最初から「タイカレー」のレシピで作るべきです。
間取りも同じ。要望が出た時点で、オーダーは変わってきているので、それに合わせて全体の見直しが必要なんです。
(住宅業界は、しっかりオーダーを聞かずに『たたき台』をつくることが多いのがそもそも問題です)

 

そんなわけで、Kさんから、動画の公開のOKをもらったので、公開いたします。

間取り診断

 

改善提案


『間取りで暮らす技術1』を読んだ方は、どのように変わったか?を確認してみてくださいね。

面積の半分が通路のウォークインクローゼット

動画内ではいくつかの改善提案を行っていますが、その中で取り上げた例が、寝室とウォークインクローゼットの部分。

一見して寝室の形状はおかしいですよね?ベッドの配置もしにくそうです。

ウォークインクローゼットは普通にみえますが、内法が1300しかないので、実は片側しか収納として使えません。服の幅が550だとしたら残りの寸法は750。これは一般的な廊下の幅と同じです。これなら、ウォークインクローゼットにせず、通常の壁面収納にした方が良いですね。
改善提案では、寝室の位置も変えて、両側使えるWICとしています。

↑実際に改善提案としての提案。寝室を東側に移動。

↑寝室とWICの位置関係、窓位置等を説明するスケッチ

↑WICを立体的に理解していただくためのスケッチ

また、立体的に考えることで、箪笥の上部も収納として使えるようにしています。
箪笥は引き出しがあるし、収納としても優秀です。
WICの中に入れれば、地震で倒れて危ないってこともないし、部屋の中もスッキリしますね。

こんな感じで、間取り診断していますので、よろしかったら、下記からお申込みくださいね。

では!

 

関連記事

WICとクローゼット 4.5畳の広さでどっちが収納量が多い?

クローゼットの収納力を2倍にする5つの方法

ウォークインクローゼットの間取りを寸法付で紹介! ~2畳タイプ~

ウォークインクローゼットの間取りを寸法付で紹介! ~3畳タイプ~

ウォークインクローゼットに窓が必要な5つの理由とは?

ウォークインクローゼットの湿気対策とは?

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター