amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

WICとクローゼット 4.5畳の広さでどっちが収納量が多い?

 

「収納をたくさん欲しい」

というのは、多くの施主が希望することです。

そして、最近は、クローゼットや押入れよりも、

ウォークインクローゼットや、シューズクロークなど、 納戸タイプの収納の人気が高いですね。

 

確かに、すっきりものを収納出来そうですし、

部屋になっているのでたくさん入りそうですが、 実際、どうだと思いますか?

 

その当たりのことをスッキリと理解していただくために、 簡単な図面を作ってみましたので、紹介します。

同じ4.5帖で、計画によって、どれくらい収納量が違うか? の比較を3つのタイプ別に行ってみたものです。

 

WIC (ウォークインクローゼット) タイプ

収納率 52%

o0800056612607455651

※黄色い部分が収納可能な部分です。 ※収納率とは、収納面積を床面積で割ったものです。

人気のWIC(ウォークインクローゼット)です。

部屋側はドア一枚しか見えないので、壁がすっきり見えますが、 WIC内に通路があるため、床面積の半分しか収納に使えません。

面積の余裕があり、また衣裳部屋的に使いたい場合は、お勧めです。

 

WIC+クローゼットタイプ

収納率 64%

o0800056612607455652

2 / 3を、WICにして、残りをCLにするだけで、収納率が2割程度上がります。

主寝室はWICにして、子供部屋はクローゼットにするなどが考えられますね。

30坪程度の家であれば、このタイプがお勧めです。

 

全てクローゼットタイプ

収納率83%

o0800056612607455653

全てをクローゼットタイプにした場合、収納率は、6割アップします。

100%にならないのは、壁厚分があるためです。 効率よく収納したい、という場合は、この考え方がお勧めです。

 

同じ面積でも、どのような収納を選択するかによって、 こんなにも収納量が違います。

いつも片付いた家にするためには、

「片づけやすい」かどうか?も大事なので、 「収納量」が多ければよいってわけではありませんが、

この収納はどれだけのモノが入るのか? という視点で、家づくりを見直してみると良いかもしれません。

意外に無駄なスペースが発見できたりしますよ。

では!

関連記事

>>ウォークインクローゼットの間取を紹介 ~2畳タイプ~

>>ウォークインクローゼットの間取を紹介 ~3畳タイプ~

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター