amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

地質調査で地盤改良判定が出てしまったら

地質調査が終わり、
その結果「地盤改良必要」となる確率は、
4割以上です。

私の経験では、8割くらいは「改良必要」という、
結果になります。

通常、ハウスメーカーや工務店は、
「柱状改良で60万円かかります」
と施主に報告、
多くの施主は、
「地盤はしっかりしないといけいない」
という思いから。
すぐに了承してしまいます。

たしかに、
地盤はしっかりしなければなりませんが、
「地盤改良会社」は、
全国にたくさんあります。
工法も価格もまちまちです。

ので、
3社程度の相見積もりをとることを、
お勧めします。

通常は、
建設会社の付き合いのある業者で、
大丈夫ですが、
もし、あまりない場合は、
次の業者をお勧めします。

サムシング
業界最大手の地盤調査、地盤改良会社です。
多くの施工実績があり、対応できる工法も豊富にあります。

第一工業
鋼管杭工法が得意、という印象があります。
サムシングよりも安価な見積もりになる傾向があります。

地研テクノ
中堅の地盤改良会社。これまで見積もりをしてきて、
地研テクノが最安値、ということはよくありました。
広告宣伝費はあまり使わず、技術力で勝負、という印象を受けます。

ハイスピードコーポレーション株式会社
液状化現象に強いといわれる砕石パイル工法で、東日本大震災後急速に伸びているのが、
ハイスピードコーポレーション。
自然素材の砕石なので、将来、土地を売却する際も、杭の撤去が必要ないのも特徴。
(鋼管杭や柱状改良は撤去が必要になります)

地盤ネット
地盤調査結果に基づき、「地盤セカンドオピニオン」として、
地盤の解析と地盤保証のみを行なう会社です。
改良の必要の有無の判定は無料。
とりあえず、無料の判定はしてもらうことをお勧めします。

もちろん、施主は素人ですし、
地盤は大事ですので、
一番安いとことに決めればいい、というわけではないですが、
相見積もりをとることで、
各社、価格も下がりますので、
どの工法にするかは、
担当の設計士とともに検討していただければ、
と思います。

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター