amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

北側斜線や道路斜線を緩和する方法~施主にもわかる天空率~

北側斜線や道路斜線を緩和する裏ワザとは?

以前の記事で北側斜線や道路斜線を緩和する裏ワザがある、

という話をしました。

どんな技か?といいますと、 天空率、といいます。

平成14年の法改正から始まった法律なので、 建築関係者で知らない人はいないと思いますが、 施主にとっては、あまり馴染みがないかもしれません。

実は、天空率の計算や申請って、意外に面倒で、 出来れば設計担当者は使いたくないんですよね(苦笑)

ので、通常は、

「ここ道路斜線にあたってしまうので、屋根が斜めになります」 「北側斜線があたるので、部屋は作れないですね」

という感じで、 あえて「天空率」の存在を言わない、という場合が多いです。

※天空率は、高度斜線は緩和することはできません。

でも、合法的に斜線をクリアできるなら、 なるべく大きく家をたてたいですよね。

ので、今回は、天空率の概要を説明したいと思います。

 

天空率とは?

まず、下記の図をみてください。

 横長の建物と、塔型の建物がありますよね。 図に立っている人にとって、 どちらが圧迫感があると思いますか?

当然、左側の横長の建物の方ですよね。

さて、ここに、北側斜線をかけてみます。

tenkuu2

すると、 圧迫感のあった横長の建物は、北側斜線ギリギリでクリアしていますが、 塔型の建物は、斜線より出っ張ってしまってます。 これでは、建てることはできませんね。

でも、そもそも北側斜線は、 北側の敷地への圧迫感をなくすために作られたもの。 斜線から出っ張ってるけど、小さく作っていて、圧迫感もないのだから、 塔型の建物も建てていいんじゃないの?

でも、圧迫感のある、なし、を、 客観的に比較する方法は?

 

はい、それが「天空率」です。

 

空を占める割合を比較する

左の横長の建物(適合建築物)よりも、塔型の建物(計画建築物)の、 北側からみたときの、空を占める割合(天空率)を比較し、 塔型の建物の方が、空の占める割合が多い場合、 建ててもいいよ、ってことになります。

tenkuu3

上図のように、一定間隔で、建物をみて、 天空率を比較します。 これで、1っ箇所でも、 横長の建物 < 塔型の建物  ではない場所があるとアウトです。

これを少しずつ、修正しながら、最適な形状を探していく作業になります。

 

天空率の事例

マンションを設計していた時は、使いまくっていました。 下図は、 10年前に私が設計した賃貸マンションですが、 従来なら6階建までしか建たなかったのが、 天空率により、8階建にすること出来た例です。 (道路斜線を緩和しています)

tenkuu4

敷地や配置の条件にもよりますが、 住宅でもかなりの威力を発揮できるのが天空率。

あなたの担当の設計者から、 「北側斜線(または、道路斜線)が、当たっちゃって、、、」 という言葉が出たら、 「あの、、、天空率で再検討していただけませんか?」 と言ってみてはいかがですか?

ちょっと微妙な表情を浮かべるかもしれませんが(笑)、 誠意ある担当者なら、しっかり対応してくれると思います。

では、今日はこの辺で!

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター