amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

【朗報】住宅ローン減税2022年12月まで延長!

2020年12月11日の読売新聞で住宅ローン減税の特例措置が延長されることわかりましたので紹介します。

これは、家づくりをされている方には朗報ですね!

2021年9月契約契約で2022年入居

自民、公明両党が12/10に2021年度与党税制改正大網の中で住宅ローン減税の延長が決定されました。

住宅ローン減税は、ローンを組んで住宅購入や増加築を行うと年末時点のローン残高の1%を所得税や住民税の税額から差し引ける、というものです。

現在は、この措置に3年間の特例措置が追加されています。つまり13年間住宅ローン減税を受けられる、ということですね。(11年目~13年目は条件が変わります)

元々は消費税増税対策で20年12月末までの入居が条件でしたが、新型コロナで工事が遅れる場合への対策として21年12月末入居までと延長されました。

今回は、この入居期間を2022年入居まで延長することになります!

ママ
いくらコロナで工事が遅れるといっても、家建てるのに2年もかかるの?

そんわけないですよね。
名目としては、「コロナで工事が遅れた人のため」となっていますが、実際は新型コロナの影響に対する経済対策です。

ママ
なるほど!誰でも使えるのね

そのため、これまで2020年9月末までの契約が条件だったのですが、今回は1年延長し、2021年9月末までの契約、となりました!

今年の9月の請負契約に間に合わなかった方も、来年9月まで期限が延長されたのは嬉しいですね!

駆け込み契約で後悔している方にもチャンス!

 

2020年9月末に駆け込みで住宅メーカーと請負契約した方も多かったと思います。
順調の家づくりできていれば良いですが、うまくいってない方、信頼関係が崩れている方もいるかもしれません。

ただ、「契約解除すると、13年間の住宅ローン減税がなくなるから」と思っている方にとって、今回の延長はチャンスとも言えます。

契約解除することは、費用もかかりますし気軽にすべきではないですが、私のクライアントの中でも契約解除の後、別の住宅会社で後悔のない家づくりをされている方も多いです。

住宅会社への不信感が大きくなるのは、一般に工事が始まってからです。
契約時点で、信頼関係が崩れている場合、その後、信頼できるようになる可能性は低いです。

うまくいってない方は、考え直してみても良いかもしれません。

2021年9月契約までのスケジュール

これから家づくりをされる方にとっては、2021年の9月契約、というのは1つの目標になると思います。
あと10か月ありますから、十分な時間がありますが、そろそろ動き出す必要がありますね。

上記は、家づくりのスケジュールを図示したものです。
これを、2021年9月契約に当てはめると、ざっくりと、

1月  情報収集、住宅会社選び、資金計画
3月  間取り提案を各社から受ける
7月  住宅会社を決定
9月  請負契約
10月 確認申請
11月 着工

という感じになります。

【改訂版】注文住宅の完成までの期間は? ~ハウスメーカー編1~

こだわった家づくりをされるならもう少し時間が必要かも。
新年から家づくりをスタートするのは良いかもしれないですね。

土地探しから始める場合には、今からでも動く必要はありそうですね。

家づくりには、様々な知識が必要です。
かえるけんちく相談所では、家づくり初心者向けのメルマガを配信しています。
期間限定で、「注文住宅の8つの難題」という電子書籍もプレゼントしています。

こちらから登録してみてくださいね。

関連記事

【朗報】2021年 省エネ住宅にエコポイント100万円!(新型コロナ対策)

後悔しないハウスメーカー&工務店の選び方

【ダイヤモンド社連載】失敗しないこだわりの注文住宅のつくり方(全11回)

 

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター