amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

リフォーム会社候補を選ぶ〜12年目のリフォームドキュメント④〜

こんにちは!

12年目のリフォームドキュメント 4回目です。

前回は、リフォーム会社の選択基準について話しました。今回はいよいよ、リフォーム会社の候補選びです。

これまで、私は建築会社の選び方について、様々な角度で話してきました。

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違い

住宅メーカーを競合させるメリットとは

ハウスメーカーで建てる時に読むべき記事

2016年 顧客満足度の高いハウスメーカー

なるべく公平性があり、施主に役立つ記事を書いてきたつもりですが、いつも、

でも、施主の立場で建築会社を選んだことってないよね?

って、内なる声が聞こえ、後ろめたさを感じていました(笑)。

自宅は所属していた建設会社で建てたので、設計は自分で、監督は同僚です。建築会社選びの苦労は味わったことがありません。

 

ので、今回の自宅リフォームでは一般の施主となるべく同じ方法で、リフォーム会社を選ぶことにしました。

リフォーム会社の候補選びとして、以下の方法で行うことにします。

1.リフォーム会社比較一括提案 タウンライフリフォームで一括資料請求をする

2.知り合いの工務店に依頼する

3. 近所の工務店に見積もり依頼する

上記1から3の方法で、各1社づつ、3社に見積もり依頼し、最終的に1社選ぶ、という方法をとりたいと考えています。

この三つの方法で選ぶべき、ということでなく、あくまで、記事のネタのためにですね。
後、施主の立場で打ち合わせする、というのを、色々な工務店やハウスメーカーとやりたい、というのもあります。

ので、皆さんは、どの方法でも良いですが、必ず2、3社見積もるようにしてくださいね。

では、それぞれの方法について解説していきましょう。

 

 

1.リフォーム会社比較一括提案 タウンライフリフォームで一括資料請求をする

最近、リフォームや新築を一括資料請求出来るサイトを見かけことないですか?私もずっと気になっていたので、この機会にチャレンジすることにしました。

私が一括資料請求したのは、タウンライフさんの一括資料請求です。

こちらです。

一括資料請求とは、必要な内容や資料を登録すると複数の会社から提案を受けられる、というもので、どの会社を選んで良いか分からない、家づくりの初期段階に利用すると良いですね。

割と手軽に見積もりをお願い出来るし、複数の会社から見積もりをもらえるので、相場感をつかめるのもメリットです。

では早速始めましょう。

クリックすると、最初に出る画面はこちらです。

こちらに市区町村を書き込みます。

その後、どのような内容のリフォームを希望するか、聞かれます。

ある程度、やってほしい内容が決まっている場合は、事前にテキストで書いておいてから、記入欄にコピペで張り付けた方が良いですね。

直接書いていて、不意に消えてしまう、ってことになると、悲しいので。

要望を書き込みましたら、候補の会社が表示されます。

候補となる会社を選択したら終了です。

この時点で、私の場合は、4社選択しました。

で、普通に考えたら、依頼した次の日に、やる気満々な4社から連絡が来る!って思うかと思いますが、

(私はそれを期待していたのですが)、

実際は、かなり状況は違っていました。

詳しくは次回、話しますね。

依頼するのはこちらから。

 

2.知り合いの工務店に依頼する

工務店に知り合いがいたり、住んでいる家を建ててくれた工務店やハウスメーカーが健在なら、そこにお願いするのも良いですね。

知り合いだからと安くしてくれたり、建ててくれた会社なら、家をよく知ってくれてたりとメリットはあります。ただ、知り合いなだけに、他社と比較した結果、断わり辛いというのもあります。

ので、コツとしては、最初は他で、2、3社見積もりをとってみて、最後に知り合いの会社に話を持っていくようにすることです。

他で見積もりをとったのだけど、あなたのところだと、もっと良い提案が出来るかな?

という感じで依頼をしてみると良いですね。
具体的に見積もりを見せて話しても良いと思います。

ただ、やってはいけないのが、金額だけ話して、それより安く、みたいに依頼することです。

よく工務店のオヤジさんとかが

「金額を言っくれれば金額は合わせるよ」

とか、ざっくりした話をしたりしますが、これは金額だけでなく、仕様も合わせる、ということになるので、希望の仕様を勝手に変えられてしまう、ということもあり得ます。

また、知り合いだと、お互い、ナアナアになりがちなので、プロとしての対応を求めていくことも大事です。

私の自宅は、建ててくれたのは、以前在籍していた会社なんですが、担当してくれた監督め辞めていないので、そこには頼んでいません。

また親戚に大工がいますが、あまり付き合いがないので、そこもスルー。

で、現在、取引がある会社でリフォームも行なっているので、そこに見積もりをお願いすることにしました。

 

3. 近所の工務店に見積もり依頼する

リフォームをしたい、と思い始めてから、近隣を散歩すると、やたらリフォーム会社が目につくようになりませんか?

私も最近、やたら目につくようになったのですが、改めて廻りを見ると、建築会社がやたらあることに気付きました。

歩いて数分にある会社なら、お互い楽ですし、何かあったらすぐにお願いできますね。
新築の場合は、近いだけでお願いするのはどうかと思いますが、チョットしたリフォームなら、近い、というのは、大きなメリットになります。

私の場合は、子供部屋の間仕切りがメインの工事ですから、特別、技術がいる仕事ではありません。なるべく安く出来るとこにお願いしたい、というのが本音です。

というわけで、近所の工務店に依頼したいのですが、1と2で、合計3社に見積もりをお願いしていて、少し手一杯なので、まだ依頼していません。

こちらは現在、保留ですので、依頼次第、報告しますね。

以上になります。

 

さて、次回からやっとドキュメントです。

見積もりを依頼して、各社、どのような動きをしていて、どんな見積もりが出てきたか、ストーリーで話していきますね。

お楽しみに!

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター