amazon1位『家づくりの教科書』をLINE登録でプレゼント!

「玄関からトイレが丸見え!」が、NGだと言われる3つの理由

さて、今日は、玄関からトイレのドアが見えることについて。
一般的には、あまり推奨されてないようですが、その理由を改めて考えてみました。

設計する上での暗黙のルール

私が建築設計の仕事を始めたのは23歳の時ですが、その頃から上司に言われていたのが、

「玄関からトイレが見えるのはNG」

でした。

戸建て住宅はもちろんですが、1Kの賃貸マンションでも、

「なるべくなら、玄関から見えない方がいい」

というのがセオリーとなっています。

まあ、1Kとなるとスペースも限られていますので、

「見えるのは仕方ないけど、正面にはおかない」

ようにはしていましたね。

良心的な設計者であれば、この

「玄関からトイレが見えるのはNG」

は、厳守すべき設計セオリーとなりますが、その理由は何だと思いますか?

私は、3つの理由があると思います。

 

1.印象が悪い

まずは、印象ですね。

家の顔と言える玄関からトイレのドアは丸見え、というのは、一般的にはかなり印象が良くないです。建築関係者だけでなく、普通の人でも、

「え、玄関正面がトイレ?」

とは思います。

またトイレのドアって、明かり窓がついている場合が多いですから、デザイン的にもカッコイイものではないですね。

ただハイドアにするなど、見た目がトイレドアっぽくないものであれば、この「印象」の問題はクリアできそうです。

2.来客中にトイレを使えない・出れない

こちらは、住んでみて一番、困ることかもしれません。
来客中は、トイレに入ることも出来ませんし、使用中の場合は出るのも恥ずかしいですね。

ただ、サザエさんのように来客が多い家ならともかく、現在は宅配業者しか来客がいない、という場合が多いかと思います。置き配もありますので、家族以外が玄関を使うことは少なくなりました。

このように考えると、暮らし方によっては、そこまで重要ではないかもしれません。実際、私の家は、玄関近く(玄関からは見えない)にトイレがありますが、使用中に来客がある、という経験は今のところないですね。

3.道路などから見える可能性がある

玄関ドアを開けた時に、トイレの出入りが見える、ということもあり得ます。特に、お子さんが小さくて、サポートしている時にドアが開く、ということはあり得ますね。

ただ、これは、玄関と道路の位置関係によっては、該当しない場合もありますし、子供が大きくなれば、そこまで問題ではないとは思います。

(外出する家族がいた場合には、タイミングをずらして入ることも出来ます)

トイレが見えてもなんとかなるが、、、

このように考えると、どのデメリットも、問題解決できるように見えますね。

とはいえ、私自身としては、

「玄関からトイレが見える家」

には、絶対、住まないと思います。
自分が設計や間取り診断で改善提案する場合も、NGとしています。

災害時の仮設住居なら仕方ないですが、ずっと住むのであれば、玄関はカッコイイものにしたいですからね。

「価値観は人それぞれ。施主が良いなら、それで良い」

と考えてか(それとも面倒なのか)、セオリー通りじゃなくても、何もアドバイスをしない住宅設計者も多いです。

トイレに限らず、このようなセオリーはあります。

かえるけんちく相談所のメルマガでは、家づくりに関する様々なことを、分かりやすく紹介していますので、こちらから登録してみてくださいね。

では!

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター