「片づけの天才」になる方法

この記事は1分で読めます

片づけの天才をみつけました。 しかも、とても身近なところで。

彼女は、 必要なもの、不要なものを瞬時に見分けて、 躊躇せずに、 不要なものをゴミ袋に入れていきます。

そして捨てる時の顔は、 とても嬉しそう。まるで、 捨てることに快感を覚えているようなのです。

その彼女とは、 そう、私の6歳になる娘です。

 

親バカー、という声が聞こえてきそうですが(笑)、 まあ、聞いてください。彼女の必要、不要の判断基準は、 何だったのかな、、、と考えてた時に、 片づけしながら、 彼女がつぶやいてたことばを、思い出しました。

「もう1年生になるから、いらないね」

そう、今春、小学校一年生になる彼女は、モノを捨てる時に、 「小学生になる自分にふさわしいかどうか」を判断基準にしていたんですね。

それで、「捨てることが嬉しそう」なのが、 なぜだかわかりました。彼女は、捨てることで、より、 「一年生にふさわしい自分になれる」 と思っていたのです。

どんどん成長していく子供たちにとって、 これまでは必要だったけど、 今は必要ではないものって、 今後、再び必要になることってあまりないんですよね。

でも、よく考えたら、 私達、大人だって、 なりたい自分や、 理想のライフスタイルがあるわけです。

引っ越しや大掃除の時、 物を捨てるかどうかの判断基準として、 「理想の自分像にふさわしいかどうか」というのは、 とてもポジティブで元気が出る、考え方だな、、、と、 娘に教えてもらいました。私のクローゼットは、 理想の私にふさわしくないものばかりです。

一度、娘にコンサルしてもらおうかな(笑)

ではー。

PS

それに比べて、12歳の息子の部屋には使わなくなったおもちゃや漫画で溢れています。男の子の方が、モノの固執しやすいのかな、、、

関連記事

>> 人生がときめく片づけの魔法 レビュー

>> 部屋を活かせば人生が変わる レビュー

>> 片づけの解剖図鑑 レビュー

 

 

スタンプ

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る