amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

汚れにくい外壁塗り材とは? 2|ユニプラルSLのデメリット

前回は、 ゲーテハウスのユニプラルSLの魅力について、 ご紹介しました。今回は、デメリットをお話しします。

 

1.ヘアークラックが入ることがある

o0800021912878155511

※ゲーテハウスカタログより

天然の無機質の素材を使っているので、 伸縮性がなく変形しないのが特徴です。そのため、構造材や家自体にゆがみや伸縮が発生した場合は、 開口部廻りにヘアークラックが出てしまうことがあります。

ヘアークラックとは、 幅0.3ミリ以下の髪の毛のような細いクラックです。

クラックを見ると、 雨漏りなどが心配になってしまいますが、 ヘアークラックは、 表面上のものだけであり、 何重にも防水のための措置をしているため、 その心配はありません。

有機系の弾性塗料の場合は、 ゴムのように、 ゆがみや伸縮に追随することが出来、 仕上がり部分にクラックが生じにくくなります。でも、入らないわけではありません。また、性質上、汚れやすく、 塗り替えのスパンも短くなります。一長一短ですね。

 

2.白華現象が起こることがある

左官材料に共通していることですが、 気温の低い冬季に施工する場合は、 白華現象(エフロレッセンス)が起こることがあります。

o0475036112878155510

※ゲーテハウスカタログより

白華現象とは、 外壁に現れる白い結晶のことです。製品としての強度や品質には問題はないのですが、 外観を損ねてしまいます。原因は、 水酸化カルシウムが、下地のモルタル乾燥時に表面に出てきて、 乾燥することによります。グランドのライン引きの白い粉ありますよね、 あれが、 水酸化カルシウムです。

imagesRRABQJCU

出てしまった場合は、 酸洗いによって除去することは出来ますが、 頑固な結晶の場合は難しいこともあります。対策としては、 冬季に施工する場合は、 なるべく白に近い色を採用すること。白華現象が起きても、目立ちにくいからです。どちらも、 外壁の性能上の問題ではなく、 美観上の問題です。採用する際は、 お願いする予定の建築会社に、 クラックの入っている物件を見せてもらうと、 安心かもしれないですね。

「最悪、こんな感じになるかも」

とわかっていれば、 なってしまった場合も、 凹むことは少ないと思います。価値観にもよるので、「これは嫌だなあ、、、」という場合は、 サイディングや、パワーボードなど、 板状の素材が良いかと思います。

 

3.工期が遅れる可能性がある

ゲーテウォールは、材料の販売だけでなく、材工で責任施工を行っています。要は、ゲーテの職人さんが、施工してくれるのですね。そこは安心のように思えますが、職人に限りがあるため、ゲーテ都合で工事が遅れることが何度かありました。これは、他の工務店でも起こっていると聞きましたので、ゲーテウォールがそういう体質のようです。工事が集中しがちな時期(消費性の駆け込み、3月竣工の物件など)は、余裕をもった工程が必要かと思います。

 

以上になります。では!

 

 

 

 

ではー。

 

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター