amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

土地の売買契約前に確認すべき7つの注意点

先日、かえる家づくりスクールの会員から、土地の契約前の確認事項についての質問があったので、 ブログ記事にしてみました。

これから土地を購入する、という場合には参考にしてくださいね。

 

 

1. 水道管の径や都市ガス管の有無 を確認

水道管は,30~40年前の古い家の場合は、13mmの径であることが多いです。 すると、同時に水道を使うような場合は、水量が足りずストレスを感じることがあります。

交換には、100万円前後の費用がかかりますので、どちらが負担するのか?の確認が必要です。

 

もし前面道路が私道の場合で水道交換が必要な場合には、私道の所有者の了解を得る必要がありますので、 それらの交渉を誰がやるのか?もしましょう。

 

最近の分譲地なら20mm は入っていますし、1戸建てならそれで充分です。

ただし、2世帯住宅のように、家族が多く、同時に水を使うような場合は、 25mmあれば、水圧が落ちる、ということはないかと思います。

 

2. 境界の確認をする

境界線の位置は、後々トラブルの元になります。

敷地境界が明確になっているのか?隣地の所有者との認識の相違はないのか? を確認してください。 境界標識(境界杭)がしっかり入っていたり、隣地の立ち合い印の測量図があると安心ですね。

 

3.更地渡しなのか?塀はどちらの所有か?

古家がある場合は、そのまま引き渡しなのか、更地渡しなのか? また、塀がある場合は、隣地の所有なのか、こちらのものなのか?も確認しましょう。

構造上問題があると建築士が判断した塀については、家を建てるときに撤去する必要が、 出てきます。撤去する費用は、通常、全額所有者の負担になります。 もし、高くて古い塀がある場合は、あらかじめ売主に撤去してもらった方が、 後後のトラブルは少なくなります。

 

4. 地中障害物の取り扱い

たまに、基礎を掘ってみたら障害物が出てきた、 その処理に何十万もかかる、ということがあります。

先日も「古い基礎が出てきてしまった、、、どうしたらよいか?」 という質問がありました。

ので、地中障害が出てきた場合、費用分担はどうようにするのか? は確認した方がよいですね。

 

5. 近隣の地盤改良の有無を確認する

07

近隣がどのような地盤状況なのかは、あらかじめ調べておいた方が、 後々にかかる費用がわかります。

地盤ネットから、住所を入れるだけで、敷地の地盤状況を確認することができます。

地盤カルテ

 

6.白紙解除ができるか?

土地の売買代金にローンをあてる場合、そのローンを銀行から借りられなかった場合にはどうなるか? 契約を白紙解除できるのか、を確認しましょう。

 

7.売買契約の前に、重要事項説明を受ける

売買契約に先立って、土地建物取引主任者に、「重要事項説明」を受ける必要があります。 ただ当日に説明を受けたとしても、その時点で大きな問題がみつかった場合、 契約自体ができない可能であります。

ので、最近では、売買契約前に、重要事項説明を受ける、というのが増えているようです。

これなら、あらかじめ建築士などに相談して、問題がないかチェックを受けることもできますし、不利な契約内容ににいても知ることが出来、対策を考えることが出来るので、お勧めです。かえるけんちく相談所でも、総合的に土地診断を行っております。

以上です。

では!

 

 

関連記事

敷地延長の間口は何メートル必要

 

 

シェアお願いします!

9日間で家づくりの基礎が学べるかえるメルマガ講座登録はこちら
かえる暮らしづくり講座 登録フォーム

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。