amazon1位『家づくりの教科書』を期間限定プレゼント!

エコカラット歴10年の建築士が、エコカラットプラスの効果を紹介します

今日は、エコカラット歴10年のアキラが、

昨年、新しく発売されたエコカラットプラスについて話します。

エコカラットを10年間使ってみて、、、

私が自宅を建てたのは、2004年です。

その当時、エコカラットは、まだまだ今ほどの市民権は得ておらず、 かなり新しい建材として注目されていました。

 

当時、INAX(現在のLIXIL)の新宿ショウルームには、 エコカラットのアピールコーナーがあり、

エコカラットが施工された部屋と、 ビニールクロスが施工された部屋を体験できました。

どちらにも入って、空気の質の違いを確認するのですが、 エコカラットの部屋の空気がキレイだったのに、驚いた記憶があります。

(どちらかというと、ビニールクロスの部屋の臭いがキツイかった、感じかな)

 

私自身も、ビニールクロスがあまり好きではなかったので、 壁や天井は、ほぼ珪藻土で仕上げ、部分的にエコカラットを採用しました。

その家に、10年住んでみましたが、、、 概ね、エコカラットには満足しています。

湿度も冬でも、50%程度をキープしています。 (ただ、湿度計って精度が良くないので、正しいかどうか疑問なのですが)

IMG_2004

ただ、新築の場合、全てにエコカラットや珪藻土を施工してしまうと、 その違いが分かりにくい、というのが、難点かな、、、

ビニールクロスだけで仕上げた部屋を作れば分かりやすかったかも。

 

エコカラットとは?

そもそもエコラットとは何?って話ですが、 「調湿」「ニオイ吸着」「VOC吸着」などの機能を備えた、タイルみたいなものです。

粘土鉱物のように微細な孔を持つ原料を焼成して作られます。

ジメジメした時は、孔の中に湿気を閉じ込め、 乾燥した時に吐き出すため、自然に調湿が出来ます。 (これは珪藻土も同じです)

また、 におい成分、VOCなどは、孔の中に吸着してしまいますので、 生活臭いやペット臭、シックハウス対策にもなります。

タイルのような意匠性があり、施工も簡単なため、 部分的に壁の仕上げを変える、「アクセントウォール」的に、 利用してもオシャレですね。

 

エコカラットのある部屋

IMG_1755

デザインは、レンガ調、石調などさまざまにあります。

これは私のリビングに施工したものですが、 細かく凹凸のあるタイプは、 太陽の日差しが当たると様々な表情を見せてくれます。

10年たつと、珪藻土は比較的汚れてきましたが、 エコカラットはあまり気にならない程度です。

割れる、ということも今の所ありません。

img_living_case10

こちらは、LIXILのHPから拝借した写真です。

 

エコカラットの施工条件

エコカラットは、水が直接かかる場所での施工はできません。

通常の居室やトイレ、洗面は問題ありませんが、屋外やお風呂は無理です。

また、部屋の大きさごとの推奨施工面積があります。

リビング 12畳  8~10㎡

寝室    8畳  5~7㎡

子供部屋  6畳  4~5㎡

洗面室   2畳  3~4㎡

トイレ   1畳  2~3㎡

エコカラットの施工面積は床面積の半分以上で効果があります。

 

エコカラットプラスに進化

このように高性能でデザイン性の高いエコカラットですが、

エコカラットプラスになって、何が変わったか? と言いますと、もっとも大きいのが、 汚れに対する強さです。

先ほども話たように、10年使ってみて、それほど汚れた感はないのですが、 ダイニングなどで施工した場合は、誤って汚してしまう可能性はありますよね。

 

下記は、エコカラットとの比較実験です。 (LIXIL の動画より

スクリーンショット 2015-01-24 21.43.39

 

上記写真は、お醤油がこぼれた時に、ふき取ったあとの写真ですが、 左のエコカラットに比べ、エコカラットプラスは汚れが残っていません。

また、給放湿量も、エコカラットの30%良くなったそうです。

先ほどの、施工面積では、床面積の1/4以上で効果が出る、とLIXILの営業さんは言っていました。

 

価格は?

価格はデザインによっても違うのですが、 もっとも安価なもので比較すると、、、

「たけひご」という商品で比較すると、、、

6700円 たけひご

5200円(エコカラット) ⇒ 6700円(プラス)

と約30%程度アップしています。(定価ベース)

性能アップ分、価格もアップした感じですね(笑) ただ、今後、普及してくれば価格も下がっていくのでは? と思います。

 

お勧め度合は?

リフォームなどでは、違いを実感しやすいのでお勧めです。

インテリアリフォーム会社でインテリアコーディネーターをされていた方と話したところ、

エコカラットを施工した部屋と、そうでない部屋では、 湿度や、涼しさ(湿度が下がると、涼しく感じます)が全然違った、とのこと。

 

同じく調湿性能のある珪藻土と比べても、、5~6倍の性能さがあるとのことなので、 機能性は高いといえます。

( これは、珪藻土よりも厚いことが主な理由かと思います)

また施工性が良く、クラックが入りにくいのも魅力です。

珪藻土は下地の状態によっては、クラックが入ってしまいますからね。

 

とはいえ、調湿については、ジメジメした梅雨が続けば、そのうちジメジメしてきますし、 乾燥した冬が続けば、湿度は下がります。

要は、水を含んだスポンジと同じなので、調湿には限度があります。

ので、 他の除湿や加湿の方法と組み合わせてみると、快適さを保つことが出来ると思います。

もし予算に余裕がありましたら、検討してみてくださいね。

では!

 

PS

エコカラットのサンプルのあまりを貰うことが出来たら、 玄関収納の中に入れてみてください。

脱臭効果、結構ありますよ。

>>エコカラットの2016の新作を紹介!

>>lixil ショールームの楽しみ方

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター