amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

老後も元気に暮らせる3階建住宅の間取りとは?

3階建て住宅で、二階リビングの場合の老後対策について、前回、考えました。

老後も元気に暮らせる3階建住宅の間取りとは?

今回は、老後もなるべく自宅で過ごしたい人のための、

足腰が弱くなっても、大丈夫な3階建ての間取りの考え方について話します。

 

 

二階建て プラス 3階部分と考える

敷地が狭く、住宅が密集している地域の場合、3階が日当たりが良いこともあり、3階全てを使って計画してしまいがちです。

例えば、洗濯干し場は、日当たりの良い3階バルコニーで、 トイレは全階に設けるのは勿体無いので、1,3階だけする。

 

でも、そうすると、一階で洗濯したものを3階のバルコニーで干す、などという、バツゲームのような間取りにもなりかねません。

7278947400_76188e47af_b

 以前、そのような間取りで後悔している、という方のブログを見かけました。

ので、基本的には、二階建て部分で全て完結し、3階は子供部屋や予備室、納戸などにするのが良いです。

洗濯干し場も、トイレも二階に置きます。

 

ガレージがある3階建は?

ガレージがある場合は、一階部分の面積が小さくなりますので、部屋をあまりとれないなら、 2,3階で完結することを考えましょう。

 

もっとも理想的なのは?

もっとも理想的なのは、二階だけで全て完結する、間取りです。

つまり、ワンフロアーに、LDKと、寝室、浴室、洗面、トイレ、バルコニーがある形です。

こんな間取りであれば、二階に上がりさえすれば、フラットな床で暮らすことが可能になります。

洗濯を干すのも、とても楽ですし、家事動線も短縮できます。

老後、というよりは、若い場合でも快適に過ごせます。

 

 

広いリビングは必要か?

二階で完結する話は分かった、 でも、それじゃあ、リビングを広くとれないじゃないか?

ごもっともな指摘です。

 

これは価値観によるので、なんともいえないのですが、 面積が狭くても、開放感を出すことは出来ますし、快適に過ごすことも可能です。

なるべく長く、住みたい、と考えるならば、リビングを小さくしてででも、ワンフロアーで完結、を目指した方が良いと思います。

 

間取りで生活してみよう

このブログでも何度も取り上げてますが、間取りが出来たら、どんな暮らしができるか?想像してみてください。

今の自分で想像し、年を取った自分でも、想像してみます。

老後の自分を想像出来ない場合は、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみるのが良いです。

自分で想像するのは、タダで出来ます。今、考える時間をとることで、将来設計が決まってくるのです。

リラックスして、想像してみてくださいね。

では!

 

PS

もちろん、スキップフロアなど、段差があり、空間的な変化のある家を楽しむのも、大賛成です。

無印の縦の家、はまさにそうですしね。

ただ、想定される将来のことは、考えておいた方が良いですよ、という話です。

こちらも、読んでみてください。

>>老後も元気に暮らせる3階建住宅の間取りとは?

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター