セックスレス専門カウンセラー 三上かすみさんとお会いしました

この記事は4分で読めます

今年五月に「仮)セックスレスにならない間取り」という本を出版する予定ですが、セックスレスについては私は専門外ですから、専門家の方にご協力頂きたいな、と思いました。セックスカウンセラーといった方々です。

セックスカウンセラーの方は結構いらっしゃるんですが、情報発信をされていいて、夫婦関係についても話されていて、セックスレスについて多く話されている方で、私自身が共感できる方がいいな、、、と思いリサーチしていきついたのが、「女性のためのヴィーナスアカデミア」を主宰する三上かすみさんです。

思いついたら吉日!で連絡したかったのですが、三上さんのことをよく知らないまま連絡するのも失礼かと思いましたので、とりあえずメルマガに登録し、読者としてメルマガやブログを読ませていただいてかた、やはりこの方しかいない!と思い、オファーメールをさせて頂きました。

金曜日にメールさせていただいたんですが、週明けには返信を頂きました!
協力していただけ、しかもお会いできる、とのこと!

やった!

というわけで、
先日、セックスレス専門カウンセラーの三上かすみさんとお会いしてきました。

1.三上かすみさんとは?

さて、セックスレス専門カウンセラーの三上かすみさんとは、どんな方でしょうか?
プロフィールを紹介しますね。

 

『結婚後すぐにセックスレスに陥り、5年間セックスレスに悩む。
そのストレスから月経前困難症(PMS)を発症し、情緒も不安定に。
数々のカウンセリングを受けるも、セックスのことでパートナーと喧嘩が絶えず、自分に自信もなくなる。

しかし、クライエントの気持ちを絶対に否定しない、ゲシュタルト療法を用いたカウンセリングで自己肯定感を取り戻し、3ヶ月でセックスレスが解消!その経験から、「女性が自分を好きになり、性を楽しむことが夫婦の問題を解決する」と確信する。

現在は女性を対象に、セックスを拒否する側・される側・マンネリに悩む方・もっとセックスを楽しみたい方をカウンセリングしている。
セミナーやランチ会では、女性が性やセックスを楽しみ、人生を輝かせるノウハウを伝えている。』

 

このプロフィールを読んでで思ったのが、セックスレスに限らず、誰かとの関係性を変えようと思ったら、まず自分を変えることが大事だ、ということです。三上さんは自らそれを実践し、またカウンセリングで多くの方にもノウハウを伝えている、ということですので、素晴らしいですね。

昨年は、フランスのTV局やNHK、日本テレビに取材され、今年は、AbemaTVにも出られるとのこと。
情報発信やカウンセリング、TV出演と多岐にわたって活躍されていますね!

素晴らしい方なんで、お会いするの、ちょっとドキドキしてきました、、、

AbemaTVのオンエア日は、3月20日(火)21~23時です。
テーマは、女性のヴィーナスタイムについてだそうです。
(ヴィーナスタイムとは、三上さんの造語で、女性のひとりエッチのことですね)

 

 

2.お上品なカフェでセックスレス談義

三上さんとお会いするのは、新横浜のホテルのティーラウンジ パレグレイス。

ゴージャスな雰囲気でブレンドコーヒーが880円!(お替り無料ですが)もするので、いつものスタバとはかなり違います。
30分早く着いたのでお待ちしていると、15分後に船渡さんでしょうか?と声をかけられました。。

顔をあげると、ん??綺麗な女性だけど、ちょっと感じが違う???

 

あ、髪の色を染めてらっしゃるんですね!
髪型変わると女性って雰囲気が変わるから一瞬わかりませんでした。

軽く挨拶して、本の趣旨を説明した後に、夫婦のセックスや、男と女の違い、仲が良いとはどういうことか、子供との関係は?
などについて話しました。

私自身は、人前でセックスの話をすることには全く抵抗がないのですが、居酒屋で友達同士ならともかく、初対面の女性とティーラウンジでこのような話を延々とするのって、初めてだったのでかなり新鮮。色々と根掘り葉掘り聞いてしまいました。

 

3.子供といつまで一緒に寝るべきか?

 

お話していて面白かったのが、「子供といつまで一緒に寝るべきかどうか?」について。

 

欧米では、個を尊重する文化なので、2,3歳くらいから子供に個室を与えて、夫婦の時間を大切にするって言われていますよね。
これは、ハグしたりキスしたりとスキンシップを積極的にする文化があるからこそ、出来ることです。つまり、だた別室にして、
そのようなスキンシップがないとなると、子供は自分が愛されていると自覚できず、自分に自信を持てません。

 

 

日本人家族は川の字で寝ることが多いですが、ハグなどのスキンシップがあまりない日本人にとって、家族一緒に寝ることは貴重なスキンシップの場。だから、子供の成長のためにも、日本人には川の字がいいんですよ。

 

なるほど、、、じゃ、いつまで川の字で寝るんですか?
夫婦の営みのチャンスが減るじゃないですか?

 

子供を一人、又は子供だけで子供部屋に寝かせるのは、子供が自分から言ってくるまで待つべきです。
ただ、夫婦の時間も大事なので、子供部屋に寝かせるときは、しっかり話をしてわかってもらうことが大事なんです。

 

 

むむ、それまでお預けなんですか?困ります!

三上さんはどうされているんですか?

 

私は今、部屋が狭い関係で、夫は別室で寝ています。私と子供二人が同じ部屋で寝ているので、子供が寝静まってから夫の部屋にいく感じです。

 

なるほど、その手がありますね。
他に独立した部屋があれば問題ないですよね。
でも、子供に気づかれたりしませんか?

 

ありますね。何度か、「何してるの~?」と夫婦の寝室に子供が入ってきたことがあります。
鍵が欲しいですね、寝室には。
あと、これはクライアントさんの話ですが、子供が大きくなって夜遅くまで起きているので、早朝にするようにしているそうです。

 

実は、私もそれしかないと思っているところです!(笑)

 

と、こんな感じで結構、色んな話をさせていただきました。

三上さんは女性の一人エッチの話とか、男性をその気にさせるテクニックとか(メルマガで話されていたのですが、確かにこれをやられると、その気になるかも笑)、直接セックスに関係するようなことだけでなく、夫婦や家族との関わり方についても沢山話されていてる、というのが魅力だと思います。

今回の出版する電子書籍「仮)セックスレスにならない間取り」はまさに、セックスレスと間取りという切り口から、夫婦や家族が幸せになるにはどうすればいいか?について考えていく本ですから、是非、協力頂きたいなと思いました。

 

4.正式に協力依頼!

 

というわけで、正式に書籍に関わっていただくことをお願いして、快諾していただけました!
どのような形で関わっていただくのか?は今後の打ち合わせによって決めていくことになるのですが、面白い本になりそうで、私自身が早く読みたいです!(まだ全然かけてないのですが、、、)

最後に、三上かすみさんのブログとメルマガを紹介しますね!

ブログ : 明るく楽しいセックスレス解消レッスン!VENUS ACADEMIA

メルマガ登録: 旦那さまに心も身体も愛される 5つのヴィーナステクニック

では!

 

※こちらのブログで、かえるけんちく相談所の独自調査を公開しています!

一戸建て夫婦限定のセックス意識調査結果を公開します!

スタンプ

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る