夏の西日を意識した窓計画の考え方

この記事は2分で読めます

注文住宅だから、日中は明るく照明をつけないでも過ごせるようにしたい! こういう希望をもってる施主の方は多いです。

よっぽど廻りに高層建築がない限りそれは可能ですが、必然的に窓が多くなってしまいます。 窓が多くなると問題なのは、断熱性の低下と、日射の侵入です。

 

断熱性の低下は、窓の性能を上げることで対応できますが、日射侵入を遮蔽することは、 南側の窓はともかく、東西の窓は(建築的な工夫だけでは)難しい場合が多いです。

今回は、この季節、特に気になる西日にクローズアップして、窓配置について考えたいと思います。

 

 

 

窓配置のセオリー

実は、私の自宅は、日中はほとんど、照明をつけなくても過ごせるように設計しており、 実際に住んでみても、そういう実感を持っています。

東西南北に窓を配置していますし、ハイサイドライトも大きくとっていて、 暗くなりそうな部分には天窓まで計画しているので、とにかく明るいです。

冷暖房が必要ない春や秋は、確かに気持ちいいんです、この家。 でも、冬や夏は、冷暖房効率は悪いし、部分的にシングルガラスの窓もあるので熱はダダ漏れ。

DSC_5709

夏は、東と西から強烈な日射が入ってきて、2階のキッチン廻りはかなり暑くなります。 上記写真のようにバンバン西日が入ります。もう一度、設計して良いなら、明るさは多少犠牲にしてでも、日射のコントロールを考えますね。

で、ここで窓配置のセオリーですが、簡単です。 東西南北で窓の大きさが決まってきます。

南・・・なるべく大きな窓にして、庇などで日射遮蔽

東西・・・通風・採光に必要なだけの最低限の窓(日射遮蔽は、外付けブラインドなど)

北側・・・通風・採光に必要な窓(断熱性能を上げれば、大きくてもOK)

これまでは、北側の窓も小さくする、というのがセオリーでしたが、現在は、LIXILのレガリスのように、ほぼ壁と同じ性能という断熱性能の誇る窓も発売されています。

legaris_img_keyvisual_01[1]

窓性能によっては、自由に配置してしまっても良いかなと思います。

 

東西の日射は庇では防げない

ご存じとは思いますが、西日(東日)は浅い角度ですので、庇では防ぐことは出来ません。 簾やシャッター、外付けブラインドなど、窓を直接覆うようなもので、日射を防ぐしかないのが現状です。

西日の防ぎ方はこちらの記事

窓の工夫で出来る西日対策3選!

ベランダで日差しを遮る!西日対策3選~窓の外側編~

 

外付けブラインドなども良いのですが、結構、お金がかかります。 最もコスパが高いのが、簾です。 ただこちらも、洋風やモダンなデザインだったりすると、イマイチに見えてしまうかもしれません。

またバルコニーが簾なども設置しやすいのですが、2階にある腰窓などは設置しにくいですよね。 そこまで採光が必要のない個室の場合には、大きな引違窓ではなく、小さな縦辷りだし窓を設置する方がお勧めです。

 

 

 

近隣状況も考えて、窓の配置と大きさは決める

では東西の窓は必ず小窓にしなければならないのか、というとそんなことはないです。

OHT93_yuugurenobiei_TP_V

西側に、こんなすばらしい景色で毎日、夕陽を見れるなら、そちらに大きく窓を配置した方が良いと思いますよね。 また、西側は家が迫っていて、西日が入らないのであれば、特に気にする必要もないです。

近隣状況と、間取りや窓配置はセットで考えないと意味がありません。 また、日射遮蔽や断熱性能は、家の価値を図るモノサシのひとつでしかありません。

西日がきつかったとしても、窓を大きくしたいんだ!というのであれば、それもまた良し。 住んでからの「こんなはずではなかった、、、」というのがなければ良いのです。

 

家づくりは一年を通してすべき?

「家づくりの計画は、1年くらいかけてやった方が良い、なぜなら、夏だけだとは暑さ対策中心になるし、冬は寒さ対策中心になってしまうから」

というようなことを聞いたことがあります。 一理ありますが、そこまで悠長には考えられないですよね。

ので、特に窓配置に関しては上記で話したセオリーと、近隣状況から考えた光の入り方を考慮して、検討してみてくださいね。

では!

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る