amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

気密が必要な4つの理由とは? ~気密性が高い住宅講座1~

 

高気密・高断熱住宅を作る上での、 最低基準といえば、 「次世代省エネ基準」です。

平成23年の10月に施行された省エネ基準でも、基本的には、この基準に沿ったものになっています。

 

でも、この基準には、 「高気密高断熱」と言いながら、気密に関する基準がないのはご存じですか?元々は、気密(C値)に関する基準はあったのですが、 平成21年の法改正で削除されました。

 

理由は、いまひとつはっきりしないのですが、これまで国の省エネ基準にかかわってきた 北方建築総合研究所の鈴木大隆さんによると、

「次世代基準では、気密測定を義務付けてないので、C値の基準があっても実行されているかわからない、、、という「指摘」があることを恐れて、削除されたらしい」とのことです。 かなり後ろ向きな理由で削除されたんですね(苦笑)

 

ただ、気密を確保する必要がある旨は示されています。では、なぜ、気密は必要なのでしょうか?昨年行われた 「住宅の改正省エネルギー基準の建築主の判断基準と設計・施工の解説」 というセミナーのテキストに、 次の4つの理由が書かれていました。

1.漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る

2、壁内通気を抑制し断熱性能の低下を防止する

3.壁内結露を防止する

4.計画換気の性能を保持する。

専門家向けのテキストなので、 硬いですね、表現が(苦笑)

これでは、読む気が失せると思いますので、 もうちょっと軽く書きます。

1.隙間風をなくし、省エネ化と室内の快適さを確保

2.外壁の断熱性の低下の防止

3.外壁内の結露の防止

4.換気をしっかり行うため

さらっと書くと、 ふーん、そうなんだ、 で終わってしまうのですが、それぞれ、かなり重要な内容ですし、 気密の不十分な「高断熱化」は、とても危険であるんです。

 

関東以南に住んでいる方は、

「断熱はそこそこでいいし、気密なんて大げさな!」

と感じるかもしれませんが、そういう問題ではありません。

気密を行わないってことは、

暖房や冷房が利かず、冬は隙間風が吹いて、空気は淀み、壁の中はカビだらけの家、

に住むってことです。何のことはない、戦後大量に供給された日本家屋と同じレベルってことですよね。

次回からは、 それぞれについて、わかりやすく説明しますね。

では!

>>わかりやすい気密講座2

関連記事

わかりやすい気密講座3

わかりやすい気密講座4

わかりやすい気密講座5

わかりやすい気密講座6

 

 

シェアお願いします!