amazon1位『家づくりの教科書』を期間限定プレゼント!

安藤忠雄氏 コンクリ打ち放しと決別宣言!?

世界的建築家の安藤忠雄氏が、4月1日、大阪の事務所で記者会見を開き、

今後、日本では鉄筋コンクリートの住宅は設計しない意向を明らかにしました。

(KAFニュース)

 

2020年から始まる住宅の省エネ規制を視野においたもので、鉄筋コンクリートの打放しでは、対応できない、と判断した、とのこと。

安藤氏は、敬愛する現代建築の巨匠ル・コルビジェを例にあげ、

 

「コルビジェ先生も、作風は変わったが、変わらずコルビジェでした。

私も新たな安藤忠雄の表現を獲得したい」

 

2020年の省エネ規制については、

「地球温暖化への対策は早急に必要だ。

一部の建築家には、省エネ規制に反対するものもいるようだが、

私が変わることで、一石を投じることが出来れば」

と、語った。

 

今後、日本の住宅は、木造にシフトするが、

商業建築や海外プロジェクトについては引き続き、コンクリート打ち放しは続けていくようだ。

 

これに対して、ネットでは、

「打放しやめたら、安藤じゃない!」

「実質、日本で住宅はやらないんじゃない?」

「今更、温暖化ってよく言えるよね!」

など、批判的な意見から、

「木造の安藤を見てみたい!」

「あの安藤が変われば、建築家も変わる!」

など、期待する声も上がっています。

 

(カエル エープリルフール ニュース)

 

※この記事は、4月1日 エープリルフールに投稿された記事です。投稿した意図については下記の記事をご覧ください。

>>住宅は「みんなの資産である」という考え方が、今後、重要になる

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター