amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

次世代省エネ基準をクリアした建売住宅を確実に購入する方法(後編)~建売講座3~

 

前回に引き続き、建売住宅の話です。

前回は、断熱性能の高い建売住宅を購入するためには、オリンピックイヤーの2020年まで待てばよい、という話をしました。さすがにそれではあんまりなので(苦笑)、今日は、今、探している人向けの話をします。

 

 

断熱性の高い建売住宅を購入するには?

建売で断熱性の高い家を購入するには、まず、基本仕様で次世代省エネ基準をクリアしている地元のビルダーをいくつか探し、その物件をフォローします。そして、希望の地域で分譲を始めたら、見学に行きましょう。

通常は、チラシや不動産屋の物件情報から探すと思いますが、それだと、多くの場合は、空振りに終わってしまいます。日本で建てられている家の半分は、次世代をクリアしておらず、その多くは、建売住宅に集中しているからです。

ので、まずは、どのビルダーが作っているか?にこだわりを持ちましょう。

ところで、次世代省エネ基準では、気密性に関する基準がありません。そのため、次世代をクリアするだけでは、高気密住宅にはならないのです。気密の重要性については、このブログでも何度か記事にしています。

>> わかりやすい気密講座

 

 

高気密化する方法は?

高気密化するための方法はいくつかありますが、多くのビルダーが採用しているのが、発砲ウレタン吹き付けです。専門業者が施工するため、精度も安定しています。

 スクリーンショット 2014-10-24 23.17.55

グラスウールによる高気密化も可能ですが、多くの場合、大工さんが行うため、施工精度に不安があります。(グラスウールが悪いわけではなく、キチンとした気密施工を理解してないケースが多いのです)

そんなわけで、 発砲ウレタン吹き付けのビルダーが無難でしょう。これらの情報は、ビルダーのホームページの、設計の配慮点や、基本性能 などと書かれたコーナーを見るとアピールされています。

スクリーンショット 2014-10-24 23.19.56

 

まとめますと、

次世代省エネ基準 又は、省エネ対策等級4、 をクリアし、かつ、 発砲ウレタン吹き付けを、 基本仕様としているビルダーを探し、その物件情報をチェックする。

となります。

次回は、建売住宅が、耐震性や、防水性に優れてるかの、確認方法について、お話します。

では!

>>建売講座4

 

関連記事

次世代省エネ基準をクリアした建売住宅を購入する確実な方法 1

耐震性の高い建売住宅を購入する確実な方法

マンション住まいの人が建売住宅を購入する時の注意点

 

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター