amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

耐震性の高い建売住宅を購入する確実な方法~建売講座4~

性能の高い建売シリーズ、 今回は、構造についてです。

建築基準法では、断熱の基準はありませんが、構造基準は大地震の度に改正されてきましたので、建築基準法に適合しているなら、それほど問題にはなりません。

平地に建つ二階建ての住宅で、普通に設計を行い、基準を守って工事していれば、心配することはありません。

もっと高性能な住宅が欲しい!場合は、長期優良住宅の認定のある建売を選びましょう。通常の1.25倍の耐震のある耐震等級2の住宅が手に入ります。

 

以上!

 

で終われば良いのですが、普通でない設計って何? と気になると思いますので、まず木構造の考え方を話します。

基本として覚えて欲しいのは、木造住宅の耐震性は、耐力壁の長さとバランスで決まる、ということです。

基準の耐力壁の長さをクリアしても、バランスが悪いとNGになります。 そのため普通の設計では、建物の角には必ず90センチの壁が配置されているはずです。

 

では、普通でない設計とは、どんなものでしょう。三つ考えられます。

 

 

1. ビルトインガレージのある家

狭い敷地に駐車場を確保するために、ビルトインガレージとしている 住宅を良く見かけます。間口が狭いので、駐車場がある側の角には、耐力壁を設けることが出来ません。

このような普通ではない設計の場合、しっかりした構造検討が必要です。

ですが、二階建てで200平米未満の木造住宅の場合は構造計算を必要としませんので、構造の専門家が計画に関わることは稀です。

よって建築士の責任において設計されるわけですが、、、これは建築士の力量次第、となってしまうので、当たり外れがあります。

確実に高性能とは程遠い状況ですね。

 

2. 3階建住宅

木造3階建の場合は、構造の専門家による構造計算が必要になり、また防火上の規制も厳しくなります。専門家が構造計算をする、という意味で設計上は良いのですが、施工精度が問題になってきます。

日本建築検査研究所、という建築検査を行う第三者機関によると、木造三階の建売住宅の9割が違法建築、だそうです。(怖!)

この数字が正しいかはわかりませんが、確かに3階建は、構造上も防火上も複雑で、施工時に間違いやすいので、建築士によるしっかりした監理が必要です。ただ、それが出来ているかどうかは、建売住宅の場合、わからないことが多いです。

建築士による社内検査を行っており、かつ検査項目の記録と現場写真を残している、などの工事監理体制が整っている会社以外は、 施工精度に当たり外れがある、と考えた方が良いです。

 

 

3.崖地が近い

住宅の不同沈下、は、地盤調査が実質義務化されたので、さすがに少なくなりましたが、たまに事例を聞きます。また、崖地が近くの場合、その対策をせずに着工してしまう場合もあります。

>>がけ地に家を建てる方法

地盤がゆるそうだったり、崖が近い場合は、具体的にどのような対策をしているのか、確認をしましょう。

 

以上三つのどれかに該当する場合は、注意が必要です。

念のためですが、上記は、建売を想定して書いています。 また、建築士や構造設計者がしっかり検討を行い、工事監理を行った場合には普通にクリアできる問題ですので、ご安心を。

さて、このシリーズ、次回は防水について話します。

では!

 >>建売講座5へ

 

関連記事

次世代省エネ基準をクリアした建売住宅を購入する確実な方法 1

次世代省エネ基準をクリアした建売住宅を購入する確実な方法 2

マンション住まいの人が建売住宅を購入する時の注意点

 

 

 

 

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター