ARCHITREND VRの体験レポート~VR CADソフト紹介③~

この記事は4分で読めます

家づくりの打ち合わせで使われているVRの紹介企画3回目は、福井コンピュータアーキテクトのアーキトレンドVRを紹介いたします。

前回分の記事はこちら

福井コンピュータアーキテクトとは

アーキトレンドは創業1979年に老舗 福井コンピュータ(本社 福井県)が開発販売している3D CADです。
(現在は、関連会社として福井コンピュータアーキテクトとなっています)

1987年にリリースされ、以前は『Archi-TREND』という表記でしたが、今は、『ARCHITREND ZERO』となっています。

アーキトレンドといえば、3DCADとしては建築業界ではかなり有名で、これまで38,600社が採用しているそうです。
リフォーム業界で活躍している私の知り合いもアーキトレンドを使っていると言っていました。(VRは面倒だからまだやってないとのことでしたが、、、)

プレゼンや図面作成はもちろんのこと、外皮性能計算(断熱の計算)や構造計算、見積もりまで出来てしまう、という優れもので、使い勝手は良さそうですね。

有名ではありますが、どちらかというと工務店向きです。設計事務所の場合は、AUTO CADとか、VECTORWORKS、JWWなどを使うことが多いかもしれません。建築家は、工務店が使っているCADは使いたくない!みたいなとこあるかも(笑)または導入費用がかかりすぎる、というのがネックかなと思います。

福井コンピュータは、『ARCHITREND ZERO』の他にも土木や測量関係のCADソフトも開発販売しています。

ARCHITREND ZEROとは

3D建築CADシステム ARCHITREND ZEROは、基本設計→プレゼン→実施設計→確認申請→省エネ計算→構造→積算 という営業~設計~積算の全ての工程を一気通貫できるソフトです。前述しましたが、全国で38,600社が採用しており、地場のTOP10ビルダー(工務店)の75%以上が利用しているそうです。うーん、かなり浸透していますね。

こちらは、ARCHITREND ZEROの紹介動画です。

私も以前、ARCHI CADという3D CADを使う設計事務所に勤務していました。ARCHI CADも基本設計からパース、実施設計まで出来るソフトなんですが、実際は展開図や詳細図などは、AUTO CAD LTという2次元ソフトを使っていました。3D CADは、コンピューター上の建築物を作ってしまうので図面の不整合が起きにくいというのが利点なのです。つまり窓の位置を移動したら、平面、立面、パースなども全て移動してくれるので、修正し忘れというのがなくなります。ですが、図面や納まりに拘りがあるような場合は対応しきれない(あるいは、対応させようと思うと大変な労力がかかる)といった理由で、3D CADと2D CADをどちらも使う、というのはよくあるスタイルですね。

ただ工務店の場合は、商品として共通の納まりを決めていたり、物件ごとに詳細図を書いたりしない場合がほとんどなので、ARCHITREND ZEROのような3D CADとは相性が良いのかもしれません。

 

ちなみに、ARCHITREND ZEROのスキルアップのためのスクールや教材も充実しています。工務店側としても社内で教育するよりは、こういうスクールに行かせれば楽だし、福井コンピュータも収益の柱になっているようです。一度、ARCHITREND ZEROを採用すれば、オプション購入や教育、バージョンアップなどで安定した収益が見込めるってのは良いビジネスモデルですね。

 

ARCHITREND VRとは

ARCHITREND ZEROのオプションとして、2016年7月に発売されたのが、『ARCHITREND VR』です。

ARCHITREND VR の紹介動画

ARCHITREND VRシステムのカタログにVR導入のメリットが記載されていました。

1.集客力アップ
2.施主との距離が縮まる
3.展示場建設・運用コストの削減
4.イメージ共有でトラブル軽減

という感じです。
工務店向けのメリットですから当然ですが、営業的なのが多いですね。

施主にとってもメリットは、下記で書きましたので参考にしてください。

ARCHITREND VRならではの特徴としては、3D CADのARCHITREND ZEROで作ったデータを変換すれば、すぐにVRとして活用できることですね。

既にARCHITREND ZEROを導入している工務店にとっては、他のソフトを入れるよりは、ARCHITREND VRの方が入れやすいですよね。これまでの実績がある3D CADですから、他社に比べて非常に有利ですね。

また、福井コンピュータが運営している3D カタログ.COMというサイトと連携しているのも魅力です。
3D カタログ.COMは、国内建材設備メーカー180社の商品が3Dデータ化されていて、施主も自由に見ることが出来ます。
キッチンもグレードや色、設備機器を様々に選ぶことができ、そのデータをARCHITREND VRで、VRで再現できるんですね。

つまり空間のシミュレーション段階だけでなく、設備や仕上げの確認もVRで出来るわけです。
間取りも設備も仕上げも全て決まった、じゃあ、実際どうなっているのか?をVRで最終確認しようってことも、(工務店さえ労力を惜しまなければ)可能です。

またこのように構造躯体も立ち上げることが出来るのも面白いですね。
これは、設計者や監督も活用できそう。

その他、活用事例はこちらで確認できます。

ARCHITREND VR 導入レポート

ARCHITREND VRを体験してみた

では、体験レポートをしていきましょう。
今回は、営業の鎌田様の案内で、上記ビルの3階の東京銀座ショールームで体験してきました。

このようにとても綺麗なショールームです。

この日は、鎌田さん以外にも上司の方二人が同席されて説明してくださいました。
VRだけでなく、アーキトレンド全般のお話も聞かせていただきました。

で、実際に体験させていただいたんですが、ARCHITREND VRの映像の表現力、素晴らしいですね。
前回紹介したALTAも良かったのですが、比較しても、かなり綺麗。

そしてVRのコントローラーの操作もしやすく、空間の移動や建材、色の変更もかなりスムーズでした。

この動画のように(iPhoneで私が撮影したものを編集なしでそのまま掲載しています)、右の黄色いビームみたいので素材を選んでボタンを押すと色を変更できます。

青い方で進行方向への移動も可能です。これがかなりスムーズなんですよね。

もちろん、VRの壁やカウンターなどに触るとブルっと震えるのでそこに物質があるのもわかるし、ドアを開けるときはドアノブに触れて開けるような動作をすると開けられる、という感じなので、かなりの没入感がありました。また外から見たり、鳥観(上空からみる)、バルコニーから下を見ると庭を眺めることもできます。

分譲マンションでも採用されているようで、デベロッパーによっては、ドローンを飛ばし窓から見える景色を撮影し、それをVRに再現するってこともしているようです。景色が売りのマンションだったら、どのように見えるかは重要ですものね。

 

 

まとめ

ARCHITREND VRはいかがでしたでしょうか?

福井コンピュータの方と話していて思ったのは、工務店のことをよく考えているなってことです。
個々の工務店とのつながりを大事にして情報収集もしているので、欲しいと思うものを作ってる感じがします。

それと営業力がありますねー。

私は全然買う気はなかったのですが、色々お勧めされてなんか購入を検討しちゃいました(笑)
営業されても嫌な感じにならないのがうまいな、と。
体験したい工務店の方はこちらから、お問合せください。全国の拠点があるようです。

これでVR CADソフト紹介シリーズは終わりですが、他のVRを体験したらまたやるかも。
もし、うちも取り上げてほしい、というメーカーの方いらっしゃったら(いないかな笑)、こちらの問い合わせフォームからご連絡くださいね。可能な限り、伺って体験するようにいたします。

個人的には、家づくりのツールとしてVRは非常に期待しています。
一番のハードルは複数での体験が難しいことですね、そしてヘッドマウントディスプレイはデカいこと、。
それが何かしらの技術でクリア出来たら、もっと定着するんじゃないかな、と思います。
3DTVの二の舞にならないようにメーカーの方は頑張ってほしいですね。

では!

 

スタンプ

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る