涼温な家 松井修三|家本レビュー

この記事は3分で読めます

工務店の社長が書いた本の中でもっとも有名なのが、 松井修三さんの「いい家が欲しい」です。いい家が欲しい、のアマゾンレビューを見ると、 賛否がハッキリ分かれているのがわかりますね。

松井さんが創業したマツミハウジングは、外断熱専門の工務店なので、 内断熱については、これでもかってくらい批判しています。実はそれが読んでて、シンドイので、いい家が欲しいは、読了できませんでした。 ただ、マツミハウジングの広告ツールとして書かれた本なので、そこは仕方ないですよね。

そういう意味では、今回レビューする涼温の家も、マツミハウジングやその仲間たちの広告ツールではあります。では、読む価値はないか?

いえ、そんなことは、ありません。 この本は、換気や冷暖房、気密、湿度について、とても分かりやすく書かれています。(当然ですが) 相変わらず、外断熱以外はダメ、マツミハウジング以外はダメ的な感じはありますが(苦笑)、 松井さんも、充填断熱はキッチリ施工出来ているところがないからダメ、とおっしゃっていますが、 出来るところも、勿論ありますので、その場合については(本書では)否定していません。

わたしは外断熱も、充填断熱も、付加断熱も、設計経験がありますので、 どれが一番良いとは言えません。予算や目指す性能や間取りによって、選択します。 また、それらの家の比較は、Q値やC値や、日射なども考慮した家の燃費で比較すべきでしょう。

基本的には私は、「充填断熱派」でも、「外断熱派」でも、 「セルロースファイバー派」でもありません。 比較的、ニュートラルな視点で話せると思います。という前提のもと、レビューを始めます。

 

 

タイトルのセンスが素晴らしい

冷暖を、涼温と言い換えるセンスが、まず素晴らしいです。 これによって、3つの効果が生まれます。

1.涼温の家では、まったく新しい体験が出来るという期待感を持たせること。

2.冷暖房という言葉を使っている工務店との差別化が出来ること。

3.使っている換気やエアコンが、「まったく新しい」ものであると、思わせること。

 

私自身は、この涼温の家を体験していないので、なんとも言えないのですが、 恐らく、素晴らしいものだと思います。

全熱交換器を用いて、Q値がトップランナー以上、C値も0.5以下なのであれば、 エアコンひとつでも、確かに快適なはずです。

つまり、、、独自の工夫や技術はあるのですが、 この快適さを、<いい家を作る会>以外の工務店で出来ないわけではない、 ということです。考え方は良いけれど、いまひとつデザインセンスが合わない、、、 という場合でも、快適性とデザイン性を両立できる工務店を探すことは可能です。

 

「エコハウスのウソ」の影響を受けている

松井さんは、東京大学准教授 前正之さんの「エコハウスのウソ」をあとがきでお勧めしています。 「涼温な家」を読んでいると、エアコンや通風に関することが納得できるものだったのですが、 恐らく、「エコハウスのウソ」の影響で理論が整理されたことによるのかな? と思いました。ちなみに「エコハウスのウソ」は、装丁とか地味ですが、 とても真っ当でわかりやすく、説得力のある本で、お勧めです。

 

 

住宅メーカーや、他の工務店批判は真っ当

今回は、換気や気密をないがしろにしている建築会社に対して、 かなり批判をしていました。また、住宅本を書いている著者についても、 ほぼ名指しで批判しています。 そして、その批判の内容自体は、かなり真っ当な理由に思えます。

ですが、ここがポイントなのですが、 で、まともな家を作れるのは、マツミハウジングだけなんだよ、 って感じになってしまうのですが、 そこだけは、そんなことはない、と反論したくなります。

 

気密の重要性や、全熱交換器の説明は不十分

気密や全熱交換器については書かれていますが、説明は不十分です。 これは推測ですが、詳しく説明をしてしまうと、 「涼温の家」だけじゃなくて、他でもできちゃうの? って思うようになってしまうからかな? ってことだろうと思います。

↓換気の重要性を訴える動画。

 

結論としては、、、

松井修三さんや、マツミハウジングに興味がある人には、もちろんお勧めできる本です。 また、換気や冷暖房についての、大まかな内容を知りたい場合にも、良いですね、 ただ、後者の場合は、「エコハウスのウソ」を読んだ方が学びが大きいです。 ついでに、「図解 エコハウス」も合わせて読むと完璧。

 

ん、、、じゃ、結局、松井さんに興味なければ買わなくてよいことに(苦笑) 「マツミハウジング」の広告だけでなく、 もう少し、一般化した内容で書いてもらえると、色々な人にお勧めできるのにな、、、残念!

 

 賢くお得に書籍を購入する方法は、こちらから!

 

補足として、、、

気密に関しては、こちらを読んでいただけると、理解できます。中気密が良い、、、とかいう議論がいかにピントがずれているかがわかります。

わかりやすい気密講座1

わかりやすい気密講座2

わかりやすい気密講座3

わかりやすい気密講座4

わかりやすい気密講座5

 こちらは、熱交換器についての記事です。

ナイチンゲールが教えてくれる住宅に熱交換器が必要な本当の理由

では!

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

hyoushi0001

 

 
 ※メルマガ配信が不要になった場合は、すぐに配信解除することが出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る