家づくりのクイズです。三つの数字は何を表しているでしょうか?

この記事は2分で読めます

まず、この数字をみてください。

 

A )  1017

B )  6434

C ) 14000

 

三つの数字がありますが、それぞれ何を表しているでしょうか?

建築に関わる数字です。 少し考えてみてください。

考えましたか?

 

 

では、解答です。

 

 

 

 

これらの数字はすべて、死亡者数を表しています。

A)  1017人   これは、H24年度に住宅火災によって死亡した人の数

B) 6434人   これは、阪神淡路大震災で死亡した人の数

A)B)は、それぞれ、建築の防火性、耐震性に関わる問題で、

日本の住宅は、大きな地震や火災事故があるたびに、この二つの法的規制を強化してきました。

 

防火性は、放火や高齢者の増加など人為的な要因が大きいので、成果が分かりにくいですが、

耐震性については、東日本大震災の状況をみても、強化されていることは実感できます。

 

どちらも人命に関わることですので、建築基準法によって規制することは当然と言えます。

 

では、 C) の14000人は、何を意味するのでしょう。

 

これは、1年間にヒートショックによって亡くなった人の数です。

(医学博士 高橋龍太郎氏による推計)

ヒートショックは、部屋と部屋の温度差が10度以上あるとおこるといわれており、

例えば40度のお風呂に入った後に、室温10度の脱衣室で着替えたりするようなときに、起こります。

 

年間1万人以上が亡くなっている、という現状に対して、建築的な予防策は可能でしょうか?

もちろん、可能です。住宅の断熱性を高めることで、劇的に減らすことは出来ます。

 

 

では、建築基準法では、断熱性に基準を設けているのでしょうか?

残念ながら、建築基準法は、断熱については、ほとんど触れておらず、 現在、最低基準の規制さえありません。

(2020年より規制開始)

 

毎年、火災や地震の死亡者数をはるかに上回る人々が、

命を落としているのにも関わらず、です。

 

しかも、火災や震災が建築的にコントロールすることが難しいのに対し、

ヒートショックを予防するために室内温度差を少なくすることは、 建築的にはそれほど難しいことではありません。

 

どうしてここまで放置されてきたのか?

 

ヒートショックで人が亡くなったとしても、建物は無傷ですし、診断書からは、

ヒートショックが原因かどうかはよくわかりません。

 

穿った見方をすれば、

公の場で誰かが(国交省や設計者やゼネコンや工務店などの関係者が)、

責任を追及されたり、非難されたりすることがなかったので、

見て見ぬふりをしてきた、のが実情だと思います。

 

冬は我慢すればいい、という「夏むね」信仰や、

快適であることに対する罪悪感、

そして建築家の断熱軽視

< その代表として国民的建築家 安藤忠雄氏の名前をあげなければなりません > なども大きいですね、

 

断熱は人命を関わるものである、

という認識の欠如がこのような結果を招いてきた、と言えます。

 

寒さに震える人には、美しく素敵な空間よりも、

まずは、暖かい快適な空間を用意すべきではないでしょうか?

 

 では!

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

hyoushi0001

 

 
 ※メルマガ配信が不要になった場合は、すぐに配信解除することが出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る