坂上忍、家を買う。で思う、家の資産としての価値の寿命。

この記事は1分で読めます

スタンプ

家族が見ているテレビをたまに一緒に見るのですが、坂上忍が家探しをする番組(の一コーナー)ってありますよね。

中古で売り出している個性的な家を、坂上忍が内見して、最後に買うか買わないかを、尋ねられて、買いません!というやつです。

先日は、ペット(猫)と快適に住める家を紹介していました。 左官壁の洋風な可愛いらしい外観の一見、普通の家に見えますが、中は随所に猫の為の工夫がされていました。

猫だけが通れる開口や、猫のための部屋、猫の食事を作る専用のシンク。

施主のこだわりが随所に見られます。恐らく、打合せにも時間がかかったと思います。

ですが、築2年で売りに出されることになりました。

 

 

売りに出された理由は紹介されてなかったのですが、施主にとっても残念なことかと思います。

坂上忍も買わなかったのですが、 (買ったらコーナーが終わってしまいますし)、その理由が、

「だって、俺がかってるの、犬だもん」

誰も、将来、売りに出すこと、想定して注文住宅を建てないと思いますが、いくら丈夫で長持ちの100年住宅を作っても、 その間取りが、施主の以外の人にとって住みにくいのであれば、住みつがれていくことはありません。

家を社会的な資産として考えるのであれば、構造や断熱などを考える以前に、フレキシブルに対応できる間取りにすることが必要かもしれないですね。でないと、凝りに凝った注文住宅ほど、建売住宅よりも、資産価値がない、ということになりかねません。

 >>坂上忍 家を建てる との(勝手に)コラボ企画を考えてみた

 

 

PS1

そういう意味では、性能が高く快適な良い建売住宅が増えることは、社会にとって良いことと言えます。今、売られている建売の多くは、狭いし快適じゃないように見えますが、良いものを作っているビルダーも存在します。注文住宅を考えている人も、住宅展示場だけでなく、建売のオープンハウスを見にいくと、スケール感がわかるし、その地域の坪単価の相場がわかって良いかもしれませんね。

高性能な建売シリーズについては、こちらの記事から

 

 

 

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 アキラ(船渡 亮)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る