amazon1位『注文住宅の8つの難題』をプレゼント!

隈研吾氏、森喜郎元首相から新国立で「負ける」建築とは何事か!

新国立競技場の整備問題で、大成建設・梓設計とともに提案、決定された”A案”の設計者である建築家の隈研吾氏が、3月31日に行われたJSC主催のセミナーの中で、過去に森元首相からの「負ける建築とは何事か!」と批判されたことを明らかにした。

森元首相は、A案決定後に、

「あなたは、負ける建築、という本を出しているそうですが、新国立競技場も負ける建築らしいじゃないですか。

これを聞いた時、オリンピック競技場で、「負ける」ってのは、何事か!って思いましたよ。

今年は、是非、「勝つ建築」という本を出された方が良いんじゃないですか?」

と、隈氏に話したそうだ。

 

 

 

これに対して、隈氏は、

「勝つ建築の代表が、安藤忠雄さんです。彼が選んだザハ氏の案は、結局、国民に受け入れられませんでした。

私は、建築に必要なのは、建築家のエゴを前面に出すことではないと考えています。建築が勝つ必要はないのです」

と、説明した。

 

森元首相は、

「負けることでコンペに勝ったのだから、あなたは良いかもしれないけれど、オリンピックやパラリンピックは勝ってナンボですよ。

それと、新国立の竣工は、ラグビーワールドカップの決勝戦に必ず間に合わせるように、頼みますよ」 とだけ言って、その場を去っていったそうで、 隈氏は「ご理解を頂けなかった」と苦笑しながら話していた。

ネットユーザーからは、

「確かに、オリンピックで、負けるってのは縁起悪いな」

「安藤さんが、勝つ建築、を出せば面白い」

「B案の伊東豊雄さんは、どっちなんだろう?負けた建築?」

などの声が上がっている。

カエル エープリルフール ニュース

 

 

 安藤忠雄氏、コンクリート打ち放しに決別宣言

 

シェアお願いします!

ABOUT US

akira
家づくりを通して、ライフスタイルをデザインして欲しい、という思いから、このブログを立ち上げました。二児の父でもあり、家事もバリバリこなすイクメンです。 一級建築士 / インテリアコーディネーター