終了まで残り です。

こんにちは!
家づくりコンサルタントで一級建築士の船渡亮(ふなとあきら)です。

私は2013年から、1000人以上の家づくりをトータルサポートしています。
会社選びや間取りだけでなく、「契約」や「現場」に関するご相談も、結構、頻繁に頂きます。

皆さん、とても困惑しており、どうして良いのか?わからない場合がほとんどですので、

「現状は、○○という基準に照らしあわせると、良くない施工です。

あきらかにミスと言えるので、監督には、○○と言うようにしてください。

もし、○○と言ってきたら、こちらの施工基準のリンクを見せるうようにしてください」

とエビデンスを示した上で、何をすれば良いのか、具体的にアドバイスします。
自分で言うのもなんですが、かなり丁寧にサポートさせて頂いております。

100回以上の 現場相談で思うこと

とはいえ、「問題が起きてから対応する」には限度があります。

先日、引き渡しを終えたHさんは、およそ2年の工事期間中に、100回以上のご相談を頂いております。

「工期2年?100回の相談?公共工事ですか?」

とツッコミそうですが、普通の木造2階建て住宅です。

Hさんは、決して、細かいとか、神経質といったわけではありません。
現場監督と大工がヒドイので、このような結果になってしまいました。

住宅会社選びを間違えた、ともいえるのですが、提案力がある会社でしたし、HPを見る限りは、丁寧に仕事してくれそうに思えます。

契約や設計段階では、こんな未来が待っているとは、なかなか予想できないですよね。

Hさんも、引き渡し時には、相当疲れてしまっていたようです。

ただ、今になって思うのは、私からH様にアドバイスすることで、

「問題を未然に防ぎ、期間を短縮できなかったか?」

ということです。

最悪なのは、 問題が見過ごされる事

Hさんの事例を聞いて、

「そんな家づくり、最悪だな」

と思われた方もいるかもしれません。
ですが、Hさんの場合、時間はかかりましたが、問題点は、ほぼ解決しました。

Hさん自身が、しっかり現場に通ったからですね。

逆に、Hさんが現場に行かなかったら、現場はもっとスムーズに進んだはずです。
ただ、問題は見過ごされ、入居してから、(または大地震など災害時に)露呈することになります。

これが「最悪」のパターンといえます。

未然に防ぐことで、 理想の家を手に入れる

Hさんの事例は、特殊なことではなく、日本の住宅で頻発しているのだと思います。
それが、見過ごされてしまっているだけです。

もちろん、施主は現場監督ではないので、頻繁に現場チェックは出来ないし、その必要もありません。

ただ、

・住宅会社選び
・請負契約
・現場監督とのやりとり

などで、適切な行動を行うことで、多くの問題を避けて通ることが出来ます。

万が一、問題が起こっても、ある程度の知識があることで、焦らず、感情的にもならず、スマートに対処できるようになります。

このように施主自身が学び、行動することで、問題を最小限に抑え、理想的な家を手に入れるために作った講座が、今回の「現場カレッジ」です。

動画講座 現場カレッジとは

「現場カレッジ」は、会社選び・契約・現場の知識を学ぶことで、未然に問題を防ぎ、万が一のトラブルに対処するための動画講座です。

4部構成で、全364分とかなりのボリュームですが、3~5分程度の動画がほとんどで、家づくりの工程に合わせて予習すれば良いので、それほど大変ではないと思います。

こちらがサンプル動画です。

03 工事編:コンクリ打設中に雨が(前編)

では、中身を紹介しますね。

01 請負契約編
全115分

トラブルを未然に防ぐために最も有効なのが、会社選びと請負契約チェックです。
本編では、施工精度という面からの会社選びのポイントと、
実際の請負契約約款の事例を元に、何をチェックすべきか?を紹介します。

施工精度は、現場の○○を見ればわかる
中気密住宅を売りにする会社はやめた方が良い
○○な社長からは、ダッシュで逃げるべき
大手HMの〇〇ルールが、信頼できるわけ
設計事務所は、責任の所在がわかりにくい
契約が全て、である理由
契約約款を変える方法
代金支払い時期は、○○と言って変更すべき
請負契約約款の11のチェックポイント
知らないと大損!違約金と損害金の大きな違い
遅延しても1日300円しかもらえない契約書事例

02 準備編
全49分

アブナイ現場は、工事が始まる前から問題を抱えています。
ストレスのない家づくりにするために、施主が事前にすべきこと、住宅会社に要求することを具体的に解説します。

着工前までに施主がすべきこと5つのこと
○○をくれないのは、ダメ監督の証
なぜ、上司を紹介してもらうべきなのか
監督と話して、予防線を張る
監督の○○不足が、施主をキレさせる
施主が絶対やってはダメなこと
オススメのホームインスペクション
施主支給の注意点
引き渡し時に提出してもらう書類リスト

03 工事編
全179分

これまでの相談事例を元に、現場で起こった問題の解決方法を工程ごとに紹介します。
また「簡単に現場でチェックできる」項目に絞って、セルフチェックできる方法を伝授します。

施主が地鎮祭ですべきこと
地盤改良時に雨が降ったら、○○すべき
○○不足で、不同沈下起こる
基礎配筋は、これを見れば良い
○○の色を見れば、手抜き工事を見抜ける
雨天時、こんな対応ができる監督は誠実である
施主は、○○を認めるべき理由
雨天時にコンクリ打設させない方法
基礎型枠がすぐ外されて大丈夫?
ひび割れをなくす方法
オカシイと思ったら、○○を読むべし
最強の防蟻材、最大の弱点は?
柱が雨に濡れて大丈夫?
合板のカビが起こす影響とは
釘は、絶対○○してはダメ
構造用面材は、種類によって張り方が違う
断熱工事4つのポイント
発泡ウレタンの注意点
グラスウールをしっかり施工してもらう方法
C値の許容範囲は?
床材が反ってしまう理由
無垢板には、○○で失敗する
天井の不陸が目立つ場合の対処方法

04 引き渡し・入居編
全21分

いよいよ引渡しですね。
内覧会で何をすべきか?そして、チェックすべき内容を全て紹介します。
また引き渡し後の問題解決方法についても解説します。

施主が内覧会ですべき4つのこと
内覧会でチェックすべき全箇所リスト
点検口をあけて、見るべきこと
引き渡し後の問題発覚の対処方法

現場カレッジの 5つの特典

「現場カレッジ」は、4部の本編に加えて、5つの特典をつけます!

特典1  公開コンサルティングで問題解決!

現場で起こった問題が、「現場カレッジ」では解決できない場合、「公開コンサルティング」という形で、個別に動画でアドバイスさせて頂きます。

アドバイス内容は(個人情報は伏せた形で)講座内で公開し、コンテンツとして他の参加者の参考になるようにいたします。

【公開コンサルティングの条件】
・参加者一人につき1回のみ利用できます。
・ご相談については、全て動画で回答し、現場カレッジのコンテンツとしてシェアします。
(Youtube等の不特定多数が視聴するメディアには公開しません)
・ご利用期限は、2023年12月31日までとします。
・どうしても、問題をシェアしたくない場合は、別途、ご相談ください。

特典2  専用LINEを利用できます

現場カレッジ参加者限定の「現場カレッジ公式LINE」に招待します。

こちらは、「公開コンサルティング」の依頼や、講座への質問、そして工程ごとのチェックポイントなどを、LINEで気軽に知ることができます。

急に現場にいくような時にには重宝するはずです。

是非、ご利用くださいね。

特典3  「エビデンスライブラリー」利用権

現場カレッジでは、全てエビデンスに基づいた内容を話しています。

 

どこに出しても問題ないことばかりですが、頑固な監督を納得させるためには、「エビデンスとなっている資料」を提出する必要があるかもしれません。

 

現場カレッジ会員は、専用の「エビデンス資料室」から必要な資料をダウンロードできます。
※9月初旬に、LINEリッチメニューに表示予定

特典4  「現場カレッジ」の書きこみスライド

現場カレッジ講座内で使用した全スライド(書きこみをしたもの)をダウンロードできます。
ティーチャブルとLINE、どちらでもダウンロード可能です。

特典5  「施主のための工事現場マネージメント講座(PDF)」をプレゼント

かえる家づくりスクール内の講座「施主のための工事現場マネージメント講座」をプレゼントします。

 

今回の「現場カレッジ」と重なる部分もありますが、現場のチェックリストもついていますので、活用できるかと思います。

スマホやPCで、 快適に受講できます

「現場カレッジ」は、他のカレッジシリーズと同様、ティーチャブルというプラットフォームを利用しています。

 

PCはもちろん、アプリをダンロードすれば、スマホやタブレットでも利用可能です。

 

再生速度もコントロール可能なので、時短で講座を消化できます。
また受講した講座も一目でわかり、進捗状況も把握しやすいです。

 

ダウンロードも出来ますので、電波が届かない地域でも再生できます。

気になる 現場カレッジの参加費は

ここまでが「現場カレッジ」の内容ですが、参加費用は、

定価:14,800円(税込み)

としました。

ただ、発売記念キャンペーンとして、メルマガ・LINE読者に限り、三日間だけ大幅に割引して提供できるようにいたしました。

私としても、なるべく多くの方に参加していただき、現場トラブルを減らしていただきたいと思いますので、

是非、ご検討くださいね!

三日間限定! 読者価格でご招待!

8月8~11日間の4日間限定で、

8,000円オフの、

6,800円(税込み)

で参加できるようにしました!

 

また、「現場カレッジ」を含む7つの講座を学べるPRIMEカレッジ2022PLUSも再募集します。

こちらは、2万円オフの

19,800円(税込み)

となります。

12回の分割支払いを利用すれば、1回1650円×12か月で参加できますよ。

現場カレッジの 内容のまとめ

では、「現場カレッジ」「PRIMEカレッジ2022PLUS」の内容をまとめますね、

現場カレッジ

■基本コンテンツ

全6時間4分の動画講座
01 請負契約編  (全115分)
02 準備編  (全49分)
03 工事編  (全179分)
04 引き渡し・入居編(全21分)

■5つの特典
特典1 現場問題を公開コンサルティングで解決!
特典2 現場カレッジ公式LINEの利用権
特典3 「エビデンス資料室」利用権(9月上旬から)
特典4 「現場カレッジ」の書きこみスライド
特典5 施主のための工事現場マネージメント講座(PDF)

■参加費
6,800円(税込み)
(クレジットカード、銀行振込)
※定価14,800円から8,000円オフ

現場カレッジ

14,800円の8,000円オフ
販売価格 6,800 (税込み)
クリックして商品を購入する

Primeカレッジ2022
全38時間38分の動画講座

■基本コンテンツ
第1部:家づくりカレッジ(2時間11分)
第2部:間取りカレッジ(15時間)
第3部:動線カレッジ(6時間22分)
第4部:通風カレッジ(1時間36分)
第5部:照明コンセントカレッジ(5時間25分)
第6部:防犯カレッジ(2時間)
第7部:現場カレッジ(6時間4分)

■6つの特典
特典1:LINEで講座内容への質問
特典2:家づくりの教科書2021(電子書籍と音声版)
特典3:間取り診断参加で、5000円分のキャッシュバック
特典4:現場問題解決公開コンサルティング
特典5:面積削減でコストダウンする方法
特典6:秘伝!間取り改善の方程式

■参加費
19,800円(税込み)
(クレジットカード、銀行振込、分割支払い)
※定価39,800円の2万円オフ

Primeカレッジ2022

39,800円の2万円オフ
販売価格 19,800 (税込み)
クリックして商品を購入する