主な地盤調査方法

この記事は1分で読めます

スタンプ

地盤を知るのに、必要なのが地盤調査です。
主な地盤調査方法を紹介します。

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験、又はSS試験)
費用: 2.5~4万円  作業スペース: 1㎡程度

住宅業界でもっとも浸透しているのが、この方法です。
なぜ、スウェーデン?
もともとは、1917年頃にスウェーデンの国有鉄道が不良路盤の実態調査方法として採用し、スカンジナビア諸国に広まったものです。
日本では、1954年頃に建設省が堤防の調査として導入したのが始まりです。

試験方法:
1.地中にロッド(鋼製の棒)を貫入させ、重りを載せます。
2.自沈(重りを載せただけで沈むこと)しないことを確認したら、段階的に100kgまで重りを追加していき、重りを載せる度に、ロッドが沈む状況を観察し、記録します。
4.ロッドがもうこれ以上、沈まないとなったら、ロッドを回転させて地中にねじ込みます。この時、25センチねじ込むのに必要な回転数を測定し、その結果を元に、地盤の強度を判定します。

※現在は、機械化が進んでいるので、調査員が重りを載せたりはしませんが、原理は手動式と同じになります。

標準貫入試験(ボーリング試験)
費用:10~20万  作業スペース:20㎡程度

ビルなどで地盤調査といえば、この標準貫入試験(ボーリング試験)のことを言います。
測定可能な深度が深く、支持層が確認でき、ボーリングを併用するため、土質を直接確認できます。住宅でも鉄筋コンクリート造や地下室がある場合、軟弱地盤の場合は利用します。

試験方法:
1.所定の重さのハンマーでロッド(鋼製の棒)を打撃します。
2.ロッドを30センチ打ち込むのに要する打撃回数(N値)を測定し、土の貫入抵抗を測定します。

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る