夫婦は家のどこでセックスしているか?~夫婦関係の意識調査②~

この記事は3分で読めます

6月8日に発売される電子書籍『セックスレスにならない間取り』のリサーチとしておこなった『夫婦関係の意識調査2018』の結果報告第二弾!
今回は、家づくりをしている、又はマンションなどの購入を考えている夫婦はどこで営んでいるか?というテーマで調査結果を報告していきます!

前回の記事はこちら!

家づくり夫婦の年収、幸福度、セックスは?~夫婦関係の意識調査結果①~

 

セックスの頻度は?

これは、前回のおさらいです。
セックスの頻度をセックスレスか?そうでないか?で分けました。
(セックスレス定義:病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル)およそ、半数はちゃんと営んでいる感じですね。
まあでも、コンスタントに半年に1回以上あるなら、日本の場合は普通な感じはしますけどね。そこまでいれると、74%が夫婦の営みはあるといえるかもしれません。

 

いつ夫婦の営みはありますか?

これは週末の夜が6割と一番、多いですね。ですが、平日夜も3割と健闘しています。最近はノー残業デーもありますから、そこでってこともありますし、単純に平日がお休みなのかもしれないですね。平日の夜ある夫婦は、64%が月1回以上(平均47%)営んでいるので、回数の多い夫婦が必然的に平日にもあるってことかもしれません。

 

どこでセックスしているか?

さて、ここから『セックスレスにならない間取り』の核心に入っていきます。夫婦はどこでしているか?『寝室に決まってるじゃん!』と思うかもしれませんが、色々するところはあるんです。(複数回答となります)もちろん、90%の方が寝室を選んでいるのですが(100%でないのが面白いですね)、リビングのソファや、浴室も上位に入っていますね。

また家ではないですが、ラブホも14%の方がいます。結婚する前は、結婚してからラブホにいくなんて!って思っていましたが、子供が出来ると難しいですからね。ちなみに、セックスの頻度に関わらず、ラブホでする夫婦は1,2割はいる結果になっています。

 

家のどこでしてみたいか?

今後、家のどこでしてみたいか?という質問です。これは皆さん、あまりチャレンジャーではないですね(笑)
そこまで場所を変えたいとは思わないようです。でも若干、庭とかベランダがいらっしゃいます!
近所迷惑にならない程度に営んでいただければと思います。

 

家でセックスがしにくいと思ったことはありますか?

『セックスレスにならない間取り』のそのものズバリの質問ですね。『セックスしにくいということはない』と回答した方が14%とかなり低い数字になっています。セックスレスの原因の一端は、日本の建築業界にもあるかもしれないですね。

では具体的な原因ですが、『子供と川の字で寝ている』というのが、しにくい理由の6割にもなっています。やはりそうですよね。川の字で寝るのはスキンシップもとれるし幸せを感じますが、気になりますよね。(私は気にならないタイプでしたが笑)

あとは子供部屋が気になってや家が寒い、新鮮味がない、というのもありますね。やる気満々の夫婦でしたら、ラブホにいくとかで解決されるのでしょうが、そこまでして、、、と片方でも思うと回数は減ってしまうかもしれないですね。そもそも子供が小さいと夫婦だけでラブホにいく、というのも難しいですからね。

これらの問題について、『セックスレスにならない間取り』では解決策を提案しています。もちろん、間取りだけで解決する問題ではないのですが、『夫婦の営みのハードルを下げる』ことは、間取りである程度出来ます。

セックスレスであることが、あるいはセックスの回数が少ない、セックス自体に満足できない、といったことが夫婦にとって不満や悩みでないならば、特に問題ないと思います。私も共著の三上かすみさんも、『夫婦がたくさんセックスすることが正しい』とは全然思ってないですから。夫婦の形はそれぞれですし、幸せであれば良いと思います。

ですが、セックスレスと感じている夫婦の8割以上が、夫婦の両方、またはどちらかが『セックスレス』であることに悩みは不満を抱いています。

私は夫婦や家族が『家づくりで理想の暮らしを実現する』ために活動していますので、もしその悩みが家で改善するのであれば、と思い『セックスレスにならない間取り』を執筆いたしました。

書籍内では、具体的に『夫婦の営みのハードルを下げる』ことについての提案を行っていますので、楽しみにしていてくださいね。

では!

 

『夫婦関係の意識調査』 株式会社 かえるけんちく

アンケート期間:2018年5月9日~11日
アンケート対象:かえるけんちく相談所と三上かすみメルマガ読者と一般応募
合計381名(男性129名 女性252名)

※今回は、上記から、現在家づくり中、又はマンションた建売住宅を購入検討中の170名(男性92名 女性78名)に絞った結果をまとめています。
※このアンケート結果はご自由にお使いください。

スタンプ

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、一級建築士 船渡亮(ふなとあきら)が運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

5年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、2、000人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る