二年後に建てる家を、理想の間取りに近づけるには?

この記事は3分で読めます

先日、メルマガ読者 Aさんから、間取りを自分達の希望に近づけるには?というご質問を頂きました。

Aさんの敷地は、風致地区に指定されています。 風致地区とは、自然美を維持保全することを目的とした制度で、樹木の伐採や建築に一定の制限がかけられています。

鎌倉などは有名ですね。

Aさんは建て替えなのですが、現状よりも床面積が小さくなり、工務店からは希望する間取りが出ないことが悩みです。

二年以内に着工したい、とのこと。 Aさんには、既に回答済みですが、一般的な悩みかもしれないので、ブログでシェアすることにしました。

では、早速回答しますね。

 

 

1.どのような暮らしをしたいか?を家族内でまとめ、明確に伝える

間取りを希望に近づける、ということですが、工務店へ伝えている、暮らし方や希望に矛盾があったり、ブレているかもしれません。

まずは、要望を書き出してまとめてみましょう。書き出す時のコツは、部屋の大きさを書くのではなく、どのような暮らしをしたいか?について具体的に書くこと。

また、自ら間取りを考えるのは良いのですが、それを設計士に渡して、こんな感じでお願いします!とは言わないこと。

理由は、設計士のプライドが傷つくから、、、ではなく、その通りの図面が出てきて、設計士が提案しなくなるから。

自分が全て考えて家づくりをしたい!というのなら、それでも良いのですが、、、

(男性の施主に、たまにいます。家族や設計士の意見に耳を貸さないので、家族は迷惑してる場合が多いです)

設計士の提案を受けたいなら、提案をしてもらい、判断する、というスタンスの方が良いです。

 

2.要望に優先順位をつける

Aさんの敷地は、風致地区ということもあり、要望を全て実現するには、床面積が足りないかもしれません。

それら全てを、実現するとなると、中途半端になる場合が多いので、要望に優先順位をつけて、工務店に伝えてください。

「リビングから直接、トイレに入るのが不満」とありましたが、そのために廊下を作ると、リビングが余計に狭くなる場合があります。

ある程度は妥協して、本当に実現したいことを最優先して実現する、というようにしてください。

ちなみに、私の自宅も、LDKから直接トイレに入りますが、キッチンからは離して、奥まった位置にしたので、あまり気になりません。

 

 

3.複数の工務店から提案を受ける、または設計士を変える

1,2をやっても納得いくプラン提示がない場合、複数の工務店からプラン提示をしてもらいましょう。つまり、工務店で競合させる、ということです。

複数見るなかで、この敷地にどのようなプランがあり得るのか?が、分かってきます。まだ、時間があるので、それらを見た上で、判断しましょう。

以前読んだ本では、このスタイルは、東京都庁の設計者である丹下健三も行っていました。 彼は、設計するときに、所員に複数の案を出させます。 16案出たら、それを8案に絞り、それぞれをブラッシュアップし、その8案を4案に絞り、という具合に、よりよい案を選んでいったそうです。

丹下健三は、優れた建築を見る目がある、という意味合いにおいて、優れた建築家であったのでしょう。 住宅においての良い案とは、施主が決めるものです。 提案は建築家でも出来ますが、決めることは施主にしかできないので、それに集中するようにしましょう。

とはいえ、一度に話を進める会社は3つまでに抑えるようにしてください。 あまり沢山の会社から提案を受けようすると、その対応だけで、土日がつぶれてしまい、大変です。

 

4.セカンドオピニオンに間取り診断・提案を依頼する

セカンドオピニオンに相談するメリットは、主に二つあります。

 

1)家づくりの方向性が定まるように交通整理してくれる

間取りが定まらないのは、1,2が家族内でまとまってない場合が多いです。 慣れない家づくりで、どのようにしたら良いかがわからず、また、工務店からのアドバイスが少ないのかもしれません。

セカンドオピニオンが入ることで、これらを交通整理をして、家づくりの方向性を定める手伝いをしてくれます。

考え方が整理され、家づくりの方向性が決まれば、その後はかなり楽になります。

 

2)間取りを根本的に見直した提案をしてくれる

ハウスメーカー・工務店の設計士は、様々な物件を抱えております。彼らの優先順位の最上位に位置するのは、直近で着工する家の間取りをまとめて、確認申請を下すこと。

正直、二年後の物件にそこまで時間をかけられないかもしれません。

そのため、根本的に間取りを見直す、よりは、施主からの要望をその場、その場で修正していく、という感じになり、なかなか理想の間取りに近づきません。

セカンドオピニオンの場合は、着工時期に関係なく、理想の間取りに近づけるような提案を行います。

なぜならば、コンサル一回ごとに報酬を頂く形なので、着工して初めてカネになる工務店やハウスメーカーのように、着工が最優先事項ではありません。

例え、10年後に着工する計画だとしても、施主が希望すれば、理想の間取りになるよう、アドバイスや提案をしてくれるはずです。

そういう意味では、設計事務所も同じですが、一般的には、ハードルが高いですよね。(私は設計事務所にもいたので、その良さはわかるのですが、、、)

以上になります。 参考にしてください。

 

今回は、回答したメールに大幅に加筆していますが、 こんな感じの家づくり相談をほぼ毎日、しています。

おかげで、寝ても覚めても、家づくりのことばかり考えている毎日です(苦笑)

では!

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

hyoushi0001

 

 
 ※メルマガ配信が不要になった場合は、すぐに配信解除することが出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る