LIXIL ショールーム見学で失敗しないための6つの注意点

この記事は3分で読めます

ショールーム見学シリーズの二回目です。

一回目はこちら ⇒初めてのショールーム見学で失敗しない5つの注意点

 

最近、週に二度は、お客様の住宅設備を決めるためにリクシル新宿ショールームに通っています。

その経験から、これは抑えないと失敗する、という5つのポイントをまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

 

1.最低、3時間は確保する

lgf01a201310230600

住宅設備(住設)といえば、キッチン、浴室、洗面化粧台、トイレの4点セットが主です。

リクシルやTOTO、パナソニックなどのメーカーはこれら全てを同じショールームで見ることが出来るので、施主にとっても、建築業者にとっても楽出来て、便利です。

とはいえ、流石に4つも見るとなると、時間がかかります。じっくり説明を聞きながら決めるには、最低3時間はかかります。

それはわかっていたのですが、、、

先日、お客様に時間がなく、だいたい2時間くらいでまとめてください、とリクシルのコーディネーターの方にお願いしたところ、、、

確かにテキパキ説明はしてくれるのですが、説明すべき内容が抜けていたり、大雑把だったりする部分が目立ちました。

キッチリ2時間でまとめてはくれたのですが、お客様が理解してない部分も多く、もう一度、ショールームで確認する必要が出てしまいました。

このように、4点セットを全て、説明を受け、決める場合は、最低3時間は確保して、ショールームに行った方が良いですね。

 

2.動きやすい服装にする

lgf01a201310212100

三時間かかる、というお話をしましたが、当然、立ちっぱなしですし、歩く距離も多くなります。

また、システムバスの展示などでは、浴槽に入って確認することも出来ます。

ので、スニーカーなどの歩きやすい靴で、女性の場合は、スカートよりもパンツの方が、疲れないですし、体験もしやすいです。

 

3.標準仕様を確認する

まずは、建築会社が出している標準仕様を説明してもらうように、ショールームアドバイザーにお願いしましょう。

何も言わないと、予算よりも高い仕様の説明から入るアドバイザーの方もいます。 これは、高いものを選んで頂くことにより、アドバイザーにインセンティブが入る制度があるからです。(メーカーによります)

ですが、それをすると、10万、20万はすぐにアップしてしまいます。 ので、まずは予算内の仕様を説明してもらい、後に仕様アップの提案を聞くようにしましょう。

 

 

4.実際に触って、使ってみる。

IMG_4631

実物を見て説明を聞くだけでは、わからないことは多いです。実際に触って使って見て、決めるようにしましょう。

例えば、キッチン水栓に標準的についている浄水器ですが、実際に持って使うと、人によってはヘッドを重く感じることがあります。

それが嫌で浄水器は独立にする、または付けない方もいるので、家事を想定してその場で手にとって使ってみてくださいね。

 

5.メリット、デメリットを確認する

スクリーンショット 2015-09-13 14.12.35

私が施主とショールームに同行する時は、アドバイザーさんにデメリットの部分について、質問をします。

答えを知っているので、自分で言っても良いのですが、知らないフリをして、アドバイザーさんの口から話してもらうように誘導します。 (その方が説得力があるので)

LIXILの商品で、10年間、ファンの掃除をしなくて良い、というレンジフードがあって、アドバイザーの方は間違いなく、それを勧めてきます。 確かに魅力的なのですが、自分ではメンテナンスが出来ないので、10年後には、LIXILにメンテナンスをお願いする必要があります。

私としては、自分でメンテ出来ない、、、というのはちょっと嫌なので、そこを説明してくれるようにアドバイザーには促すのですが、言わなければ、特に触れない方もいます。

もちろん、それを理解した上で採用するのは、全然OKです。 高齢者の方の場合は、自分でやるより、メーカーにお願いした方が良いですものね。

基本、お勧め商品の場合、メリットしか話さないので、デメリットの部分をしっかり聞いて、判断するようにしてください。

 

6.写真をとる

IMG_4649

ショールームは、写真撮影は基本、大丈夫なので、決めたものについては、撮影していきましょう。

後でプレゼンシートと見積もりがもらえるとはいえ、見返すと分からなかったりします。

まあ、だいたい一ヶ月もすると、自分が何を選んだか、忘れてしまう人が殆どです(苦笑)

また、アドバイザーの方が打ち合わせ通りにプランシートを作ってくれるとは限りません。(意外に間違いがあります) ので、重要なポイントは、写真に撮っておくと、打ち合わせ記録にもなり、便利です。

以上になります。

 

次回は、もっとショールームを使い倒す方法について、話しますね。

では!

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る