ツーバイフォー工法とは? その欠点(デメリット)を紹介

この記事は2分で読めます

かえる家づくりスクールの読者さんから、ツーバイフォー工法の欠点を教えてほしい、 という質問がありました。

検討している建築会社さんが、ツーバイフォー工法が得意なのだそうです。

 

私は、在来工法もツーバーフォー工法(枠組み工法)も、 どちらも設計経験があるので、 住宅は、在来がいい、ツーバイフォーがいい、 みたいな感覚はありませんでした。 どちらも基本を守れば、良い家が建ちますし、その逆も言えます。

ので、あえて言うならば、、、という感じですが、 3つの欠点(というか特徴)を上げさせていただきます。

 

 

その前に、軽く利点(メリット)を紹介しますね。

 

1.地震や台風に強い面構造である。

2.設計・施工がマニュアル化させれいて、施工精度のばらつきが少ない

3.高気密高断熱化しやすい。

4.簡単に「省令準耐火」にすることが出来、火災保険が安くなる。

 

一般には、この4つがメリットになります。 ただ、この点について在来工法が劣っているか?というと、 これは、工務店、ハウスメーカーによります。

在来工法でも、本質を理解している建築会社なら、 地震や台風に強く、施工精度が高く、高気密高断熱で、省令準耐火な家は作れます。

ただ、ツーバーフォーの場合は、 これらが工法的に普通に出来る、という部分がメリットです。

では、欠点(デメリット)の話をしましょう。

 

1.施工中の雨に弱い

在来工法と違い、2×4は、1階から壁を立ち上げていく感じで、 上棟するまでに時間がかかります。

そのため、途中に雨が降ると躯体が濡れてしまします。

スクリーンショット 2015-05-02 21.44.27

日本ツーバイフォー建築協会より

ただ、最近は工場でパネル化したものを一気に立ち上げるのが、 一般的になっています。 これなら、2,3日で屋根までいきますので、工期短縮にもなり、 建築会社にも施主にもメリットがあります。

道路が狭いと、搬入することが出来ないので注意が必要ですが、 可能なら、パネル化工法にするのが良いでしょう。

 

2.背の高い窓や建具をつけられない

在来工法は、柱と梁で組む工法ですが、2×4は、面(壁と床)で成り立っています。

壁は連続する必要があるので、開口部がある部分には、かならずマグサが入ります。 マグサとは、開口部の上部つく9~23センチ程度の下がり壁と思ってください。

通常の家であれば、特段、問題はないのですが、 天井までの建具にしたい!(最近、流行りです)というのには、対応しにくくなっています。 (出来ないことはないですが、そのために階高さを上げなければならないので、  あまりやりません)

そのため、モダンなデザインを追求する多くの建築家は、 2×4よりは、在来工法を選びます。

 

3.角に開口部を設けられない

建物の角に出窓などの開口部を設けるような住宅をみたことあると思いますが、 そういうデザインは、基本、2×4では出来ません。

在来工法でも、角には壁があった方が良いのですが、なしとする方法はあります。

IMG_1855-

 

上記写真の在来工法の家では、角部分は筋交いのみとし、壁をなくしています。

これにより、開放感は出しつつ、耐震性を確保しています。

こういうことは、ツーバイフォー工法では出来ません。

 

私が感じる欠点(デメリット)は、 この3つくらいです、

 昔は、 気密性の高い工法であるツーバイフォーは、日本の風土に合わない、 と言われていた時期もありました。

でも、今は、在来工法でも高気密高断熱を普通に実現していますし、 壁内結露などの欠点は、克服しています。

ツーバイフォーは、増改築が難しい、とも言われていますが、 在来工法でも、構造計算する物件が増えており、それらは構造検討しない限りは、 増改築は出来ません。

それは、ツーバイフォーでも同じです。

このように、以前よりも、ツーバイフォーと在来工法の違いは少なくなっています。

ので、建築会社を選ぶ時は、工法というよりは、 建築会社、ハウスメーカーがどれだけその工法を熟知していて、 本質を見極めた家づくりをしているか?で判断するのが、良いと思います。

では!

 関連記事:ツーバイフォー住宅の8つの特徴

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

hyoushi0001

 

 
 ※メルマガ配信が不要になった場合は、すぐに配信解除することが出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る