安藤忠雄氏 コンクリ打ち放しと決別宣言!?

この記事は1分で読めます

世界的建築家の安藤忠雄氏が、4月1日、大阪の事務所で記者会見を開き、

今後、日本では鉄筋コンクリートの住宅は設計しない意向を明らかにしました。

(KAFニュース)

 

2020年から始まる住宅の省エネ規制を視野においたもので、鉄筋コンクリートの打放しでは、対応できない、と判断した、とのこと。

安藤氏は、敬愛する現代建築の巨匠ル・コルビジェを例にあげ、

 

「コルビジェ先生も、作風は変わったが、変わらずコルビジェでした。

私も新たな安藤忠雄の表現を獲得したい」

 

2020年の省エネ規制については、

「地球温暖化への対策は早急に必要だ。

一部の建築家には、省エネ規制に反対するものもいるようだが、

私が変わることで、一石を投じることが出来れば」

と、語った。

 

今後、日本の住宅は、木造にシフトするが、

商業建築や海外プロジェクトについては引き続き、コンクリート打ち放しは続けていくようだ。

 

これに対して、ネットでは、

「打放しやめたら、安藤じゃない!」

「実質、日本で住宅はやらないんじゃない?」

「今更、温暖化ってよく言えるよね!」

など、批判的な意見から、

「木造の安藤を見てみたい!」

「あの安藤が変われば、建築家も変わる!」

など、期待する声も上がっています。

 

(カエル エープリルフール ニュース)

 

※この記事は、4月1日 エープリルフールに投稿された記事です。投稿した意図については下記の記事をご覧ください。

>>住宅は「みんなの資産である」という考え方が、今後、重要になる

 

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る