坂上忍、家を建てる4回目の予習~家事が楽!究極キッチン~

この記事は3分で読めます

坂上忍、家を建てる × かえるけんちく相談所(勝手に)コラボ 06

おはようございます。 かえるけんちく相談所のアキラです。

「坂上忍、家を建てる」を題材に、 家づくりを学ぶ企画の第6回目です。

今回は、今夜(3月2日)の放送の予習になります。

 

 

 

その前に、これまでの復習はこちらから、、、

坂上忍、家を建てる 1回目

坂上忍、家を建てる 2回目

坂上忍、家を建てる 3回目

では、早速、 「坂上忍、家を建てる」4回目の、 予習をしていきましょう。

こんなタイトルでした。

「生活観をなくす収納技がたくさん!ガラス張り絶景住宅」

「家事が楽になるキッチン&洗濯術の家」

今回は、収納、家事などに関することなんですね、

坂上さんもこだわりがありそうな部分です。

 

というわけで、予習のお題で、こんな感じです。

1.生活感をなくす収納技とは?

2.洗濯が楽な家事動線とは?

早速いきましょう。

 

 

1.生活感をなくす収納技とは?

生活感をなくす収納術、というのは大きく、二つしかありません。

ひとつは、見せる収納、もう一つは、隠す収納。

見せる収納は、カーサ ブルータスに出てくるような、 オシャレさんのお部屋です。

上記のような感じですね。

隠す収納は、壁一面収納!で、全てかくしてしまう、 というタイプです。

IMG_2238

上記は、同じ「カーサブルータス」に掲載されていた、 手塚貴晴+由比さんの「縁側の家」です。

 

見せる収納は、雑誌などの写真写りは良いのですが、再現性がありません。

つまり、センスが必要なので、なかなか真似できないんですね。

でも、隠す収納であれば、 必要な場所に必要な量の収納があればよいわけですから、

自分たちの生活や行動をキチンと検証すれば、可能です。

 

大事なのは、「収納が沢山ある」ことよりも、 「収納しやすい場所に収納がある」ことです。

いくら大きな納戸があったとしても、そこまでいくのが面倒であれば、

人は身近な場所にモノを置くようになってしまいます。

そのあたりは、視聴者の皆さんもわかっていると思いますので、

今回の番組では、 「こんなとこにも収納が!」みたいな感じになりそうな気がします。

 

片づけに関しては、私が監修をした、 「人生が変わる片づけのルール」 でも書いていますので、

よろしければ、ご覧くださいね!

 

 

2.洗濯が楽な家事動線とは?

洗濯が楽、というのは、洗濯の一連の流れに無駄がない、 ということです。

無駄が発生しやすいのが、

洗濯ものを干す ところと、畳む、ところ。

「洗濯ものを干す」という段階で、雨が降りそうな天気だったり、

前の洗濯ものが生乾きだったりすると、干す場所に困ります。

また、取り込んだ後に畳むことが出来ない場合、 洗濯ものをどこにおくのか?という問題があります。

そのようなことを回避するために、 内干し出来る場所があると便利です。

例えばこんな感じ。

スクリーンショット 2015-03-01 22.30.15

 

洗濯⇒干す⇒取り込む⇒畳む⇒収納する

という流れがが一直線で出来ます。

普通はこの流れの中に、 階段、とか廊下、とか寝室とか、 が出てきて、

かなり時間がかかってしまうのですが、 こんな感じに動線を組めれば、かなり楽ですよね。

図の「室内物干し場」は、和室でも良いと思います。

 

プランによっては、なかなか難しい場合もありますが、

ほぼ毎日、必要な洗濯ですから、そのストレスを最小限にすれば、 快適さはぐっと増しますね。

私は家では「洗濯・掃除」担当なので、洗濯時間を圧縮することがすごく大事。

自宅の洗濯動線も、かなり短くシンプルに計画しました。

 

さて、実際の番組では、どのような家を紹介してくれるのか? 楽しみです。

番組終了後にレビューを書きますので、お楽しみに!

では!

 

 

 

関連記事

坂上忍、家を建てる 1回目

坂上忍、家を建てる 2回目

坂上忍、家を建てる 3回目

坂上忍、家を建てる 4回目

坂上忍、家を建てる 5回目

坂上忍、家を建てる 6回目

坂上忍、設計図をついに公開

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る