床暖房に適しているのは、タイル張?それともフローリング?

この記事は2分で読めます

先日、ダントー(タイルメーカー)の営業さんから聞いた、 タイルの最新トレンドの話をしましたが、

>>まるでフローリング? 2015年 タイルの最新トレンドは?

実は一番、聞きたかったのは、タイル張の床暖房について。

 

リビングを全面タイル張りにした場合、夏は涼しくて良いけれど、 冬は、冷たいので、床暖房は必須になります。

でも果たして、タイルに床暖房をすれば、 快適なリビングになるのか?を聞いてみました。

 

 

タイルは床暖房に適した素材?

ダントーの営業の方によれば、タイルは床暖房に適した素材です。

その理由としては、

 

1.熱伝導率が、フローリングの10倍である

「断熱材」としては、なるべく「熱伝導率」が低い方が良いのですが、

床暖房の仕上げ材と考えると、熱を伝えやすい(熱伝導率が高い)方が、 適していると言えます。

「木の温もり」というように、断熱性のあるフローリングと比べて、 熱を伝えやすいタイルは、床暖房に適していると言えます。

 

2.蓄熱性は、フローリングの2倍

熱を伝えやすい性質のタイルですが、実は蓄熱性も高いのです。

つまり一度暖まると、じわじわと熱を放出していきます、 これは、コンクリートに近い性質ですね。

 

なるほど!

 

じゃあ、仕上げをタイルにして床暖房にすると、すぐに暖まって、 冷えにくいってことになるのでしょうか?

でも、うちのキッチンの床もタイルで床暖だけど、 立ち上がりは遅いですね、、、

と、ダントーさんに確認すると、

「フローリングで床の温度が27℃になるまでの時間は、30~45分ですが、

  タイルの場合は、90分近くかかるんです」

え、なぜ??

 

タイルの床が暖かくなるのが遅い理由

 

 1

確かにこの図をみると、フローリングの方が暖かくなるのが早いですね。

フローリングが、30~40分で27℃になりますが、

タイルの場合は、90分以上かかります。

 

ただ、タイルの、「熱を伝えやすい」という特性を考えると、

立ち上がるのにフローリングの倍以上かかるというのは納得いきません。

でも、実は、それには確かな理由があるのです。

タイルの床が暖かくなるのが遅い理由は、 「タイルの下地」にありました。

 

 

木造住宅でのタイルの下地は?

スクリーンショット 2015-02-08 21.48.33

 

わかりやすいように、図面を書いてみました。 左がタイル貼り、右がフローリング張です。

フローリング張りが、床暖パネルの上に直接、 フローリングを敷いていることに対して、

タイルの場合は、床暖パネルの上に、下地の合板を敷いてから、 タイルを接着する、という納まりでした。

つまり、フローリングの上にタイルを張っているようなものなので、 それだけ、時間がかかるのは、当たり前なのですね。

 

2時間を経過し、27℃に達してからは、 タイルの方が安定して30度前後をキープし、本来の性質を発揮しています。

これに対してフローリングは、25℃~27℃を頻繁に上下しています。

この動きは、温度が下がる度に熱源が運転するので、 コストが多くかかってしまうそうです。

 

どんな家庭向き?

90分すぎてから、本領発揮するタイルと、 30分程度で結果を残すフローリング。

どちらが良いかは生活スタイルによります。

 

一日の大半を家で過ごすことが多いのであれば、 タイルで床暖、というのはベストな選択でしょう。

でも、共働きで、家にほとんどいない、のであれば、 フローリングとする、又は、床暖は設置しない、 という選択が現実的かと思います。

実は私も自宅も、4か所に床暖房を設置していますが、 利用するのは、ホームパーティーの時のみ。

特にキッチンの床暖房は、、、 床がタイルであるにも関わらず、この10年で数えるほどしか利用してません。

なぜか?

だって、暖まるのに時間かかるんだもん。

家庭によるのですが、 床暖を付けたけど、ほとんど使わないって家は、結構多いです。

設置する時は、生活パターンを考えて選択してくださいね。

では!

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る