北側の窓の3つのメリット

この記事は2分で読めます

みなさん、北側ってどんなイメージですか?

日が当らなく、 暗くて寒い、 そんなイメージでしょうか?

確かに直射日光は当たらなく、 水回りや廊下が配置されることが多いため、 寒い印象はありますよね。

 

実際、 高気密高断熱住宅を設計する時の、 窓配置のセオリーとして言われているのは、

南側の窓は大きく、 東側、西側、北側のの窓は小さくする、

です。

 

南側は、冬は日射を入れて、夏は日射を遮蔽するのが容易なため、なるべく大きく、

東側、西側は、夏の日射遮蔽が難しいので、なうべく小さく、

北側は冬、寒いので、小さくすべき、

というのが理由です。

 

断熱だけを考えますと、寒い北側には窓は、不要、となりますが、

家は断熱だけを考えて設計すべきではありません。

 

それに、 北側に窓を設置するメリットは意外とあるのです。

その3つのメリットについて考えていきましょう。

 

 

1.安定した光を得られる

東は朝日、西は夕日、南は冬は日射取得、など、 東西南からの光は、

とてもドラマチックで、 アクティブな印象の光です。

直射日光が入るので、時間や季節によって変化します。

 

北側からの光は、安定した光。 しっかりと採光計画をすれば、 かなり明るい空間とすることができます。

こんな風に。

 

浴室

これは、私の自宅の浴室ですが、 北側の乳白色のガラスブロックから、 かなりの光が入ってきますね。

また、よく油絵のアトリエは、北側の部屋に置くことが多いですね。

日射に影響されにくいことから、書斎や仕事部屋としても、 最適です。

 

2.日射遮蔽が必要ない

東西の、特に西側の窓は、日射遮蔽を考えなければなりません。

夏の西日はかなり厳しいですよね。

北窓にはそのような措置は必要ありません。

そのため、北側に美しい景色があるような場合は、 大きく窓をとることも可能です。

例えば、北側に富士山が見えるんでしたら、 私なら、そっちに大きく窓はとります。

熱損失が気になる場合は、その窓は、断熱性能の高い窓を採用する、 など、柔軟な対応をしていくことが大事です。

 

 

3.天窓を設置できる。

天窓を、南向きに設置する設計者がたまにいますが、それは自殺行為。

強烈な太陽光で、とても快適とは言えない部屋になってしまいます。 天窓を設置するのは、必ず北向きです。

DSC_5688

天窓以外にも、天井近くに、高窓をつけるのも、採光や通風に有効です。

南の窓からの風を、天井近くの北窓で排出するイメージです。

 

LDK

 

生活感あふれる写真で申し訳ないのですが(苦笑)、 自宅のLDKです。

上奥に見えるのが、北側の窓です。

これは、オペレーターによって開閉出来るようになっていて、 夏に通風が欲しいときは重宝します。

(でも、まったくの無風状態の時は、高窓があっても、風は起きないですけどね)

 

住宅の快適さは、断熱気密性能だけではなく、 通風や、良い景色が見える、開放的である、

なども考慮されたバランスで決まってきます。

「南側の窓は大きく、東側、西側、北側のの窓は小さくする」

というセオリーを踏まえたうえで、

その土地のポテンシャルをいかに引き出すことが出来るか? を考えて、

窓計画を考えてみてください。

では!

関連記事

>>窓の解体新書

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

hyoushi0001

 

 
 ※メルマガ配信が不要になった場合は、すぐに配信解除することが出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る