住宅展示場を名前を書かずに楽しむ方法1 ~展示場で快適にデートしよう~

この記事は2分で読めます

 

今年の春先に、久しぶりに住宅展示場に行ってきました。 恐らく、15年ぶりです。

o0300016812886887972

行きたい気持ちはあったのですが、 自分の定休日が、 展示場の定休日と同じ水曜日、ということもあり、 なかなか足を運ぶことが出来ませんでした。

15年前は、独身だったし、 掛け出しの設計者だったので、 「ちょっとみさせてくださーい」って感じで、 気軽に見れたのですが、 42歳で子連れパパとなると、まさにメインターゲット。

しかも、消費税の駆け込みが終わり、 暇してる売れない営業マンが待ち構えているのかな? と思うとちょっと憂鬱でした。

 

 

売れない営業マンとは?

ここで「売れない」としてるのは、 3月当時の住宅業界は、月末竣工のためにとても忙しく、 売れる営業マンって、 契約してる施主の打合せや引き渡しで、 大忙しのはずなんですね。私の所属する会社の営業達も、 ほとんど休みなく働いていました。

それが、担当する客もなく展示場にいるってのは、、、、 って感じです。

 

展示場デートを快適に楽しむ戦略

で、娘との展示場デートを存分に楽しむために、 とった戦略とは、

 

1.玄関に入った時点で、

「建てる予定が全くないのですが、 見させてもらっていいですか?」   と宣言する。

 

2.理由を聞かれると

「10年前に建てたばかりなんです」

 

3.名前と住所を書いてください、と言われると、

「建てる予定がないので、すみません」

 

全てほんとのことなので、 戦略ってほどでもないですが(笑)、 これで、名前を書かずに、 見ることが出来ました。

1~3が終わった後で、「ご自由に見てください」ってほっとかれたのが、 積水ハウスとヘーベル。

なんとなく社員(営業?)の方がついてきたのが、 大和ハウス、パナホーム、一条工務店などなど。

まあでも、「建てる気ない」と宣言している以上、 営業さんも、とりあえずついてきてるだけなので、 あまり気にせず、 娘と楽しませてもらいました。

 

 

家づくりを考えるなら、まずは展示場へ

家を見せていただいて、 景品もたくさんもらって、 (ポップコーン、ジュース、鍋の元、塗り絵の絵本などなど) 私も娘も大満足。

で、思ったのが、

「家づくりを考えてるならば、 とりあえず、展示場に行ってみる、 というのも、アリだな」

ってことです。

楽しいですし、 雑誌とかにはない気づきもあります。

実際に体験できるってのは、 やっぱり違いますよね。

 

ただし、最初は名前を書かずに、 色々と見ていくこと。

営業の話をしっかり聞き始めると、 1,2時間平気でとられますからね。 これでは、2,3棟しか見ることが出来ません。

今は個人情報保護法が厳しいので、 「ちょっと見たいだけなんです。すみません」で通せば、 名前を書かずに見ることはできます。

さきほどのステップで言うならば、

 

1.玄関に入った時点で、

「建てる予定ないのですが、  見させてもらっていいですか?」   と宣言する。

2.理由を聞かれると

「家に興味があって、  いつか行ってみたいと思ってたんです」

3.名前と住所を書いてください、と言われると、

「建てる予定がないので、すみません」

 

とりあえず、謝っておけば、大丈夫です。

というか、ほとんどの来場者は、 建てる気があまりない人ばかりなので、 メーカーの方も慣れてます。

必要以上に気にすることもないのです。

 

もし、しつこいようなら、 「では、他に行きます」 と言って、出ていけば良いと思います。

※そんなしつこい営業マンに、個人情報渡したら、 しつこく営業されそうですものね。

 

次回も、展示場の話をしていきますね。

では!

>> 住宅展示場を名前を書かずに楽しむ方法2

PS1

娘はかなり展示場が気に入ったみたいで、 また行きたい!って言っていました。 こんどは、 「同業者なんですが、見せてもらっていいですか?」 って言ってみようかな。

 

>>住宅展示場を名前を書かずに楽しむ方法 2

<2014年4月に書いた記事のアーカイブ版です>

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ
スタンプ

かえるけんちく相談所とは

06_02

 

 

かえるけんちく相談所とは、イクメン一級建築士 アキラが運営する家づくり初心者のためのコミュニティーです。

 

高校生の時に、お金が儲かって、女の子にモテて、楽しそう!って理由から、建築学科に入り、そのまま建築設計の世界に入りました。 「お金が儲かって」と「女の子にモテ」というのは微妙でしたが、家づくりの楽しさに魅了され、今まで住宅設計を続けてきました。

 

子供が生まれたことを機に、32歳に自宅を設計。 共働き夫婦向けの家事がしやすく開放的な家として、当ブログでもたびたび取り上げています。

 

2013年、 「理想の暮らしを実現するための家づくり」を、知識ゼロの初心者が達成できる環境提供のために、副業で、かえるけんちく相談所の運営を開始。

 

2014年に在籍していた工務店が倒産し無職だった時に監修を依頼された片付け本(人生が変わる片付けのルール)が、2万部のヒット。

 

くわしくは、

>>無職で監修した片付け本が2万部のヒットになった一級建築士の物語

 

で話しています。

2015年には、アキラ先生と名付けたカエルキャラクターを製作。LINEスタンプの販売も始めました。また、建築士の仕事を知ってもらうために、小学生や高校生向けにセミナーを行いました。

 

3年目に突入した無料メルマガ 「家づくり\脱/初心者講座」では、800人を超える読者が、家づくりを学んでいます。

 

>>家づくり\脱/初心者講座に無料で参加する

既婚で、2児の父。

 

資格:一級建築士、インテリアコーディネーター。

得意な家事:洗濯、掃除、料理。

得意な料理:炒飯、カレー、油淋鶏。

好きな音楽:PRINCE

好きな作家:村上春樹、伊坂幸太郎、塩野七海。

好きな動物:かえる

 

 

hyoushi0001

 

 
 ※メルマガ配信が不要になった場合は、すぐに配信解除することが出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る